那須野の風に乗って

Entry 94   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

那珂川の空に泳ぐ鯉のぼり ・・・・・ 板室温泉



 板室温泉には那珂川の上流部が流れています。その川岸の左右を渡して毎年5月の節句が近づくと100本余の鯉のぼりが揚げられます。子供連れで遠くから見に来られる方もあるようです。
私が訪れたのは連休明けの6日午後でしたが温泉街はヒッソリとしていて昔は湯治専門の温泉場だったのを彷彿させる佇まいでした。歩き回った順に撮影した写真を載せてみました。川幅いっぱいに渡された鯉のぼりは撮影が意外に難しく、満足なアングルが取れません。気を取り直して上下流の川べりから丹念に色々角度を替えて撮影しましたが、良く撮れた写真はほんの僅かです。
  帰りがけにはすぐ近くの静かな温泉「幸乃湯」に入浴してきました。暗くなってから湯を出ると庭園内のイルミネーションが綺麗でした。車の上にカメラを置いて安定させ夜景モードで撮ってみました。

<<
<
                         シューマン : 子供の情景より 「生真面目に」



下の画面を連続クリックして下さい。背景が残りメイン画像と説明文が変わります


<<

ソースは「ブログの小技」 北斗様からお借りしました



幸 乃 湯
山狭の自然林に囲まれた静かな温泉で、高所からの強力な打たせ湯 3本が人気の的です。
泉質はナトリウム・カルシウム- 硫酸塩温泉で特に動脈硬化やキズに効き、「中風の湯」などとも
呼ばれている。浴室にはコップが用意されていて、飲むと胆石や糖尿病にも効能があるとのことです



                                                             他に野趣豊かな露天岩風呂がある



温泉から出ると辺りは暗くなりかけていて目の前にイルミネーションが輝いていました。
下方の光の流れは私の車の屋根に映ったものです






2010/05/10   風景     94TB 0   94Com 6  

Comment

 

松ぼっくり516   北斗さまへ   2010/05/13   [ Edit ]

事故のことにまでわたって、ご丁寧なコメントありがとうございます。
お陰様でしばらく通院して簡単なリハビリを続けることで回復するそうです。

車の運転というものは何時でも危険の中に身を置いているのだということを
再認識した次第です。北斗様は運転をなさらないようですが正解だと思います。
私も今使用中の私専用の乗用車が、あと2年で何回目か車検が来るので
その直前まで乗って、運転免許証は返還しようと思っています。
運転することで嫌な思いも何度かはありましたがカーライフは充分楽しみました。
ガソリンは高いし、車検と任意保険他諸費用だけでも合計すると2年毎に
50万円はかかります。遊びで使用しているだけなので勿体ないと思い始めています。
それに少しでも地球温暖化の防止に役立てばと思っています。
・・・(ちょっぴり格好いいことを言ったようですね。)

横に広がった鯉のぼりの撮影は初めてだったのでその難しさを実感しました。
折角北斗様の面白いソースをお借りしているのにあまりいい画像を
お見せできずに恐縮です。イルミネーションはカメラを車の屋根で安定させた際に
偶然にも面白い反射が映っているので撮ってみました。

北斗517   お大事になさってください   2010/05/12   [ Edit ]

車で事故に遭われたのでしょうか
文面から察しますと 奥様とご一緒だったようですが・・・
お二人の怪我の程度は 如何ですか
くれぐれも お大事になさってくださいね
私はスピード恐怖症のところがありまして
一生車の運転はしないと決めています
当然 運転免許も持っていません
家内の車に乗るのが 一番怖いです(笑)
ところで 青空に泳ぐ鯉のぼりは 気持ちがよいですね
たくさんの鯉のぼりを吊るしたところに
子供たちに元気に育ってほしいという親の願いを感じます
おっしゃるように このような被写体はアングルをとるのが難しいでしょうね
その2の画像が 鯉のぼりの動きがよく捉えられていて
良いショットだと思いました
八重桜と山吹が 綺麗ですね
山あいの鄙びた温泉は 良いですね
イルミネーションも 幻想的に見えます

ゆみぞう518   私も追伸します   2010/05/11   [ Edit ]

メッセージありがとうございます。
くれぐれも再事故ないようお願いします。
私も気をつけます。
話は戻りますが、実は4月19日に板室で鯉のぼり見てその場で写メ送ったことに気づいてはいませんよね

松ぼっくり519   ゆみぞうさんへ追伸   2010/05/11   [ Edit ]

自分のことばかりで失礼しました。ゆみぞうさんの誕生日は知っていました。

事故の後、家内がゆみぞうさんの誕生日に事故に遇ってしまったと
言っていましたし。遅ればせながらおめでとうございます。

訂正があります。幸乃湯に行ったのは日曜ではなく連休明けの6日夕方でした。
道理で貸切みたいに空いていたはずですよね。今度出かけてみて下さい。
因みにここの打たせ湯3本のうちの1本は落下位置が特に高く
肩に与える刺激は強烈で若い男性でも永くは続けてはいられません。

松ぼっくり520   ゆみぞうさんへ・・・事故の報告も兼ねて   2010/05/11   [ Edit ]

コメントありがとう。いい陽気になってくると遠出も多くなってきます。

事故はそんな中の早朝で、行く先が山菜採りの山道なので、家内の軽トラを使用し
運転も本人が行き慣れている田島までは運転してもらい、その後の山道は
自分が運転の予定で、交代する5分くらい前の出来事でした。
相手が4tトラックと大きいのに、左折際の後部荷台だったのが幸いしたのでしょうか
荷台がへし曲がり、10mも吹き飛ばされて施設のブロックとポールを数基も
なぎ倒したにしては2人とも表面は無傷で、救急隊員ンもビックリしていました。、
その後の周りの対応は親切で午前中には全ての処理を終えて帰宅しました。
軽トラは下回りから変な音がしていたのと、左後部左フラッシャーが
破損していたので恐かったのですが、私の運転で何とか帰れました。

今日、相手の保険会社から電話があり、車の修理と通院関係は完全に見通しが
立ちましたのでご安心下さい。車の運転は自分が安全運転をしていてもいつ何処で
何が起こるか分からない危険な状況に常時身を置いているのを
改めて認識した次第です。ゆみぞうさんも気をつけて運転して下さいね。

この記事は出かける日の午前0時20分頃に下書きしておいたものを
本投稿に切り替えたものです。アップした後すぐ寝み、早起きして出かけたわけです。

板室温泉にはそのようなおとなしいお猿さんがいるのですか?知りませんでした。
鯉のぼりは下野新聞の記事よりも思ったより規模は小さかったのですが
あちこちの角度から撮影して幅を持たせようとしたのですが
努力下にしてはあまりいい出来ではないかもしれません。

幸乃湯は結構いい温泉ですね。日曜の夕方にしては2,3人しか入浴者がなく
帰る頃には貸切のようでした。浴室と打たせ湯は苦労してネットから
大きな画像を探して載せたものです。小さいとこのように鮮明にはならないので。

ゆみぞう521   誕生日ですよ   2010/05/11   [ Edit ]

本当にご無事でよかった
記事はお出かけ前にアップされたのでしょうか
板室の鯉のぼり、私も今年初めて実際に見てきました。あの長さやボリュームをどのように包み込んで撮影しょうかと、いろんな場所からカメラを向けました。松ぼっくり殿も、やはり、桜越しなど、多彩なカメラワークで写されていて、自分で撮ったかのように満足気分を味わいました。
駐車場より手前の左側の小山に、とても穏やかなお猿さんたちがいて、おそるおそる車を近付けて車窓からカメラを向けましたが、気にすることなく毛づくろいをし合っていました。テレビで見た日光の凶暴なサル(車の中まで食べ物を奪いに来るような)とは大違いでホッとしました。
幸乃湯は久しく行っていません。豪快な打たせ湯がなつかしい。恐ろしくすっきりと綺麗な写真、実撮影ですか?誰もいなかった??
ライトアップも、ご自分の車に光が流れてとてもステキな画像です


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/94-6083013c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。