那須野の風に乗って

Entry 85   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

笑い閻魔もおわします ・・・ 益子町西明寺



西明寺(さいみょうじ)は、栃木県益子町にある真言宗豊山派の寺院で
山号は独鈷山。院号は善門院。本尊は十一面観音であり、坂東三十三箇所
第20番札所でになっています。この寺院は、天平年間(729年~749年)行基の開山、
紀有麻呂の開基によって創建されたと伝えられています。その後、戦火などによりたびたび
焼失したが、宇都宮氏・益子氏の庇護によりその都度再建されました。江戸時代には江戸幕府
から朱印状が与えられています。お堅い話はこの位にして、この寺で面白いのは閻魔堂に
安置されている閻魔大王像がそのイメージに反して小首をかしげ笑っていることです。
それが何を意味するかは住職の説明を聴き逃したので詳しくは分かりません
が最後に間違っているかもしれませんが私見を述べておきました


<<
<
                       曲は 「逢魔の時」 mina様いつも有難うございます
                           BGMは雰囲気を出すだけなので極力音量を控えました



下の画像を連続クリックして下さい。ソースは「ブログの小技」からお借りしました。10枚

<<
                                                            <



右上の「エンマの道しるべ」 の文章は住職が手書きしたものを閻魔堂に張ったものです。人生において善道悪道の
どちらを行くか 閻魔堂の 善悪童子の像に 擬えているのです。これによって 住職が何を言わんとしているか、大体
解ります。 つまり、日頃から真実を探求し、常に反省の心をもって人生を旅すれば必ず煩悩を克服し平和を得る事
ができるという意です。 人生においては 閻魔大王のように右か左かを決めるのは己の心の中にあるのでしょうね。





2010/03/26   地域・歴史     85TB 0   85Com 4  

Comment

 

松ぼっくり481   ゆみぞうさんへ   2010/04/01   [ Edit ]

コメント有難う。ご前2時とはずいぶん早い(遅いのかも)時間ですね。
勤務に影響はないのか心配です。

今日はようやく暖かくなったので、黒磯周辺の那珂川に渓流釣りに行ってきました。
晩翠橋下流ではヤマメや鱒が釣れました。物凄い引きで30cm近くの
鱒が掛かり、細糸でしたが何とかゲットしました。今年は寒い解禁だったので
本格的な釣行は今日が初めてでした。釣の後芦野温泉へ回り、22時に帰宅したばかりです。

BGMは当初2,3回でやめようと思っていたのにもう数10の記事に
使用しています。今回お借りしたサイトのように親切な提供者があるので助かります。
良心的なサイトを探すのもひとつの楽しみになっています。
将来はCDから取り入れた曲を自分でMP3に変換したいですね。
著作権に気をつければ、サイトからお借りする必要もありませんから。

西明寺の住職は50歳台の若々しい方でした。ツアーの人たちのために
熱心に説明してくれました。写真を撮っていて遅れたので、
肝心の笑い閻魔の説明を聴き逃してしまい残念でした。

西明寺はそちらから近いので一度参拝を兼ねて見学してみてはどうでしょう。

金曜日の夜遅く新しい記事をアップする予定です。

ゆみぞう482   何もかもがなるほど   2010/04/01   [ Edit ]

松ぼっくりどのの解説によって深いところを知れた気がしました

竹までが角ばってしまっているなんて、何ともある意味凝った演出で笑いを誘われなくもありません

BGMボタンも曲名も背景も、さり気なく意味のある演出で、画像の切り替わり方まで、ちょっとおどろおどろしく最もふさわしいと思われる切り替わり方で盛り上げていて、流石です

もう日付がとっくにかわってしまったのですが、年度末月末、あっという間でした。今年もこれで4分の1が過ぎていき、このままあっという間に月日が過ぎて行ってしまうことに焦りも感じつつ、日々精一杯。。松ぼっくりどののように徒然なるままにブログにいそしむ余裕がほしいところなんですがなかなか

松ぼっくり483   北斗様へ   2010/03/29   [ Edit ]

早々にコメント有難うございます。こちらは真冬以上の冷え込みで嫌になります。

西明寺は古く天平時代の創建といわれています。その当時の下野の国益子が
どのような地域であったのか想像もできませんが、行基が開祖なので、何か特別にこの地にこの寺を建てる意味があったのでしょうね。

笑い閻魔は人それぞれが何を感じ取るのか色々で、閻魔大王はそれも面白く
笑っているいるように作ったのかもしれません。それにしても面白いお寺ではあります。

北斗484   こんばんは   2010/03/28   [ Edit ]

西明寺は 古い歴史の感じられるお寺ですね
楠の大木が 見事です
「笑い閻魔」は 初めて見ました
悪いことをした人間を 地獄に送って
ニヤリ と笑っている・・・
私には そのようにも見えます


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/85-faf270c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。