那須野の風に乗って

Entry 83   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

水戸偕楽園の梅まつり



水戸には近い場所に住んでいながら偕楽園を訪れたのは初めてです。自分の車でも行けるのですが
駐車場等の混雑を考え馴染みのツアーを利用しました。イチゴ狩りと海鮮料理がセットになっていて
結構楽しめました。偕楽園の梅園はほぼ満開でしたがまだまだ綺麗な花が見られそうです
それにしてもこのように規模の大きな梅林とその美しさには初めてお目にかかりました
あらゆる年齢層が訪れていて、その数が多いのにも驚きです。


<<
<
                       楽しい曲で 「花時計」  音量は低く設定済



表紙の画像をクリック した後、現れた画面のサムネイルやボタンをクリック して下さい
ソースは 「ブログの小技」 からお借りしました


<<
表紙の画像をクリック して下さい

<
<
<
<
<
<
<
<
<






好  文  亭
偕楽園の東門を入り梅の咲き乱れる通路をまっすぐ進むと左前方に見えてくるのが好文亭です。
名前の由来は晋の武帝の故事により、梅の異名が「好文木」と言われたことから付けられました。
水戸斉昭によって建築されたもので、質実でありながら優雅な佇まいは水戸の武士魂の結露とい
われ、当時の江戸からの大切なお客様を接待したり、家臣達の休養の場にも使用したとの事です
この日は観光客が多く好文亭内部を見学するには時間が掛かるので、ツアーの制約でムリでした






偕楽園の梅林には100品種3000本の梅があるそうですが最近では
現在の梅林の眼下、千波湖の畔にも3箇所新たに品種別の梅林公園を
造りましたので更に大きな梅林になりました。他の幾つかの画像を載せます

下の画像をクリックして下さい。画像と説明が替わります


<<

                                          以上3月13日の撮影です ( ニコン COOLPIX P90 )




2010/03/15       83TB 0   83Com 4  

Comment

 

松ぼっくり473   ゆみぞうさんへ   2010/03/22   [ Edit ]

コメントありがとう。昨日は大荒れの天候でしたね。
そんな中を鬼怒川や上三依地区の渓流釣が解禁になったので
鬼怒川本流に釣りに出かけましたが、強風に逆らって竿を振っていたら
竿が折れてしまいました。予備のもので何時間も粘ったのですが
風が強いと当たりが取れず釣果はゼロでした。早めに帰宅しましたが
今日は見違えるような静かさ。意地悪天気には腹立たしいですね。

偕楽園は思ったより立派な公園ですね。少々観光重視過ぎの点は感じますが
良くできた公園だと思います。梅園の素晴らしさは天下一品です。

桜の頃に自分でゆっくり出掛けてみたいですね。ツアーは忙しすぎるので・・・

途中立ち寄った益子の記事を今日新たにアップしましたので
よかったらご覧になってください。記事は簡略にしました。
今回のツアー関係の最後の記事は益子にある「笑い閻魔」で有名な西明寺です。

ゆみぞう474   梅の競演(園)^^   2010/03/22   [ Edit ]

新しいソース、華やかで今回のような満開に咲き誇る花の紹介にうってつけでお見事

かなりの人出の中よくぞここまで花だけに照準をあてて切りとられたものだと相変わらず感服させられますちなみに最近養蜂園で購入した蜂蜜漬けの青梅が、白加賀だったので、この花から実をつけたものなのかと、タイムリーに見させていただき、興味をそそられました

BGMも、毎回ぴったりマッチしてさり気なく盛り上げるセレクトで、流石です

今日埼玉から友達が遊びにきてくれて、何を食べたいが聞くとすかさず「餃子」ということで、最近テレビで紹介されたお店に案内し、稀に見る強風吹く一日だったので外出は控え自宅でゆったり心おきなく語り合いました。(力男は最初気を利かせて図書館へ行っていましたが途中から加わり、相手が歴史好きと知るとすかさず自慢のお宝の刀や瓦を持ち出してきて説明を始めるところが、誰かを彷彿とさせほほえましかったです

松ぼっくり475   北斗様へ   2010/03/16   [ Edit ]

早々にお訪ね下さいましてありがとうございます。

偕楽園はあまりにも有名なのと、近いので何時でも行けるという安易感からか
今回が初めての訪れでした。梅林も立派ですが日本三名園のひとつに恥じない
整備の行き届いたデザインにも優れた見事な公園なのには感心しました。
ツアーのガイドさんによれば観光地があまり空いていると気が抜けて
面白くないとか言っていましたが、それは商売感情なのではないかと
可笑しくなりましたが、一理はあるかもしれません。ここでの梅の最盛期には
平日、休日を問わず静かな梅林を見られるのは開園前の早朝でないとムリでしょうね。

新しいソースを使わせていただきありがとうございました。
サイズを大きくしたため、そのままのソースでは全く形にならず
ソースの数値を全て替えるのに一苦労しましたが、何とか作成できました。
このソースはかなり凝っていますね。よくこうした手の込んだものが
お作りになれるものだと感服いたします。

北斗476   こんばんは   2010/03/15   [ Edit ]

偕楽園と言えば 梅ですね
100品種3000本の梅があるそうですが
さすがに 見事です
見物客も 多いですね
藤牡丹しだれ という品種は 初めて見ました
ソースの出来ばえも 見事です


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/83-7d6d3234

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。