那須野の風に乗って

Entry 80   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

古布と和裁のロマン ・・・ つるし雛への思い



つ る し 雛 展 示 会 場


                                     那須野が原開拓の歴史・民俗文化等を常設展示 (那須塩原市三島)


和裁の端切れや古布で作ったつるし雛
那須塩原市一区町の元和裁教師布川みち子さん(64)が制作した
つるし雛などの作品展示会が那須野が原博物館ロビーで開かれ、 和服の
古布や帯などを再利用した飾り物や人形、お手玉等の小物約70点を展示した。
メインのつるし雛は長さ約1.5メートルの糸に小型の人形などをつるした作品9点で、
鮮やかで可愛らしい作風が 来場者の目を引きつけている。 つるし雛は東伊豆町稲取が
発祥とされる雛飾りで、布川さんは数年前、静岡市の久能山東照宮で見たのを機会に
独自に制作。大田原市内で昨年、つるし雛6点をメインにした作品展を初開催した。
布川さんは「作品を通して和裁の楽しさを感じてもらいたい」と話している。とのこと

                                                   ※ SOONの案内文から

<<
<
                         曲は 「お伽草紙」  澄んだ琴の音をお聴き下さい
                


右側の小画像をクリックして下さい (横移動)
Sakura先生のソースをお借りしました
<つるし雛の数々。古布を使ったとは思えない華麗さです<
<<
<<
<<
<<
<<



お手玉などの展示も目を惹きました (アニメ 3 枚)









2010/02/28   イベント     80TB 0   80Com 10  

Comment

 

松ぼっくり451   ゆみぞうさんへ   2010/03/06   [ Edit ]

作日の夕方から芦野温泉へ出かけていました。

確かに少子化や不景気の影響でしょうか、家庭でお雛さまを飾るのは
少なくなっているでしょうね。5月の節句も同じだと思います。
年々こうした優雅な伝統は失われてゆくのだと思うとちょっぴり淋しいですね。

私の作品展など到底恥ずかしくてできません。自費で個展を開くと
会場初め。額縁だけでもかなりの出費ですし、
個展を開く人たちは大抵はリバーサルフィルムでの撮影です。
最近はブログでデジタルばかりを扱っているので、フィルム一眼の操作が
忘れがちです。折角ニコンF5という高級カメラがあるのにもったいないですね。

歳のせいか、何か新しいものへの挑戦が面倒に感じるようになりました。
写真の個展などを開く人は自信もさることながら相当図々しくないとだめでしょうね。

ゆみぞう452   あたかも芸名のような。。   2010/03/06   [ Edit ]

'布川'さんが'布'を自在に操られて見事な作品を見せてくださっているなんて布つながりで生まれながらにして布に携わる宿命だったのかしら
今は雛祭りといっても雛人形をお見かけする機会もほとんどなく、この時期に必ず流れていた♪人形~のきゅうげつ~というCMも気づけば全くやらなくなってしまったようです。松ぼっくり殿が辟易とされていた下野新聞の折り込みチラシでも雛人形に関するものを全くといっていいほど見かけませんでした。
少子化の影響もあり、桃の節句自体、風化しつつあるのかもしれない中、今回の『つるし雛』新鮮に映りました。ハイビジョンに耐えられる精巧さなんでしょう、さすがその道のプロですね。澄んだ音色が美しいBGMとバッチリ合致して、優美なひとときを楽しませていただきました。
松ぼっくり殿の作品展が催される日がいつか来たらそれをまたこのブログでW発表したりして。。考えるだけでもステキですね

松ぼっくり453   te-reo さんへ   2010/03/02   [ Edit ]

コメントありがとうございます。

この時季は那須の寒風でアウトドア活動が思うようにできないので
自然こうした展示会等の記事になりがちですが、色々な展示や発表会など
自分でできたらいいだろうなと思っても、到底出来そうもないものが多いですね。

展示物の紹介はte-reoさんには遠く及びませんが折をみて載せてゆきたいと思います。

te-reo454   女性らしい愛らしい作品   2010/03/02   [ Edit ]

こんばんは。
数多くの雛がそれぞれ可愛らしいですね。
帯を掛け軸にしたアイデアも素晴らしく
素敵な作品になっていました。
うちの女房も和服生地を持っていて(義母
からのおさがり)、犬の和服を作ったりし
ますが、足元にも及ばない感じです。 
地域の小さな博物館もいいですね。常設展
以外にこのつるし雛のような地域の文化活
動の発表の場にもなり、アートの香りを振
りまいてくれます。 また、いろんな施設
や展示の紹介を楽しみにしています。
音楽も雰囲気に合っていて良かった。

松ぼっくり455   maruco さんへ   2010/03/01   [ Edit ]

コメントありがとうございます。

つるし雛をじかに近くで見たのは初めてですが、華麗なものですね。
和服の古布を再利用するには最適なテーマだったのではないでしょうか。
これも和裁の先生だからできた技かもしれません。見事なものでした。

松ぼっくり456   北斗様へ   2010/03/01   [ Edit ]

お忙しいところをお訪ね下さってありがとうございます。

私の住む田舎町にも周辺にこのようなテーマ館が沢山存在します。
公共のものですから、当然税金が投入されているわけで、本当に
意義のあるもの意外は大きな施設は不要なのではないかと思います。
この博物館はお堅いほうで、那須野が原開拓という大きな歴史的背景を
バックにしたテーマ館なので価値ある施設のひとつです。

世の中には器用な方がおられるもので、画像では分からないかもしれませんが
このつるし雛を真近で観察するとその精巧さに感服します。器用さの中に
根気強さが同居しないと、このような作品は生まれないでしょう。
non_non様や北斗様のソース作成も同様ですね。

maruco457   こんにちは!   2010/03/01   [ Edit ]

松ぼっくりさん

那須野が原博物館にお出かけになり
吊るし雛を沢山撮影してきて下さり嬉しいです。

布川さんとおっしゃる方が作られたのですか
とても細やかで素晴らしい表現をされてますね。

古い布を集められるのも大変でしたでしょう。

素敵な音楽と共に楽しませて頂きました有難うございます。

北斗458   こんばんは   2010/02/28   [ Edit ]

那須野が原博物館は 立派な建物ですね
松ぼっくり様のお宅から近いのですね
近くに このような文化施設があるのは 羨ましいです
展示されている吊るし雛は 見事ですね
これだけの点数のものを 一人で作るということに まず感服します
しかも 古布を再利用したものというところに
大きな意味がありますね
BGMが 選曲・音質ともに 見事です

松ぼっくり459   eiko6215 さんへ   2010/02/28   [ Edit ]

早々にコメントありがとうございます。

那須野が原博物館は自宅から車で3分と、すぐ近くなのですが
滅多に訪れることはありせん。つるし雛の展示があると知ったのは下野新聞の
インターネット版SOONです。あまりの折込広告の山に嫌気がさして、2月から
新聞購読は契約解除しました。「朝日」や「毎日」はもちろん「読売」も全て
インターネットでホームページを持っていて、主な記事はそこで読めますので
紙屑ばかり溜まる新聞はきっぱりやめた次第です。何か重要な事件等が
起こって記録を残したい場合は駅などでその日の新聞を買えばいいと思います。

写真はプロどころか、まだまだ分からない点がいっぱいで、性能の良い
デジタル一眼やコンデジのお世話になっているに過ぎません。

3月3日が雛まつりですから、せめてそれまで展示があればいいと思いますが
2月27日で終了しています。それにしても布川さんは器用な方ですね。
展示場で見かけましたが、和服姿の64歳とは思えない綺麗な方でした。

eiko6215460   つるし雛展ヽ(^o^)丿   2010/02/28   [ Edit ]


変り易いお天気のこの頃ですね。
古布で作ったとは思え無いほどの綺麗さですね。
カメラのプロ 松ぼっくりさんの撮影なので、つるし雛が引き立ち華麗さが目立ちますね。

過日下野新聞に掲載されてましたので、行って見たいと思ってましたが、もう終わりになりましたか?
素的な琴の音と共につるし雛を見せて頂きました。


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/80-c1b80624

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。