那須野の風に乗って

Entry 57   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

鎌倉ぶらり



鎌倉は10年ぶりになるでしょうか・・・ 先日鎌倉ぶらりツアーに参加してみました
午後からの一部を載せました


<<
<



八幡宮の鳥居近くの鎌倉駅から懐かしい江ノ電に乗り、長谷駅で降りてから大仏様と長谷寺を巡り
その後は稲村ヶ崎へと向かいました。晴天に恵まれ少し波の高い浜沿いの道を七里ヶ浜へとブラリ散策

左右のサムネイルにマウスオンして下さい






大仏様とその顔






<
<
<
<
<





<



大仏様と長谷寺参拝の後は134号線沿いの浜辺を稲村ヶ崎~七里ヶ浜へ。前方左は江ノ島

高徳院と長谷寺






<
<
<
<
<

                                                                  ソースは「ブログの小技」よりお借りしました



稲村ヶ崎から江ノ島を前方に七里ヶ浜へ
画像上マウスオン → クリック → ダブルクリック → マウスアウトの順で 5 枚です

<

<




鎌倉駅の近くで






2009/10/31       57TB 0   57Com 5  

Comment

 

ゆみぞう319   小学校の修学旅行以来の大仏様   2009/11/11   [ Edit ]

絵葉書には無いアングルから大仏様を拝ませていただき、顔面の痛々しい傷みを確認し驚きました
波の画像、動画みたいでスゴイ狙ってやったにしろ気づけばそうなったにしろ、天才的ですね
鎌倉には幼少時連れて行ってもらったはずですが、ほとんど記憶が。。大人になってからは行ってないので、折を見て行ってみたいと思いました

松ぼっくり320   北斗様へ   2009/11/01   [ Edit ]

コメントありがとうございます。

鎌倉は国際的な観光地になっていて、外国人観光客が多いのと
出かけたのは平日でしたが、人出が多かったのは修学旅行の学生が
何組も訪れていたからでした。江ノ電の中で話しかけると偶然にも
私の地元の大山小学校の生徒で思わず話し込んでしまいました。

有名観光地なだけあって絵葉書も多数出回っていますから
こうした記事を写真でアップするのは非常に難しいところがあり
大抵は絵葉書の域を出ません。なるべくそれを避けたくて一部の建築物を除き
大仏の顔のや、打ち寄せる波のクローズアップなどを試みた次第です。

北斗321   こんにちは   2009/11/01   [ Edit ]

青空を背に鎮座する大仏様が 荘厳です
痛みの目立つのが 気がかりですが・・・


七里ヶ浜の夕景と まるで生き物のように見える
波の画像が 見事です

松ぼっくり322   eiko6215さんへ   2009/11/01   [ Edit ]

いつも早々のコメントありがとうございます。

鎌倉は東京の町田に永く住んでいましたので、そこからは比較的近かったので
当時は家族でよく出かけましたが。八幡宮の隣にある美術館に車が置けましたので
その周辺だけが散策範囲でした。今回は白河のタビックスのツアーで
食事も何も付かない自由散策で時間が相当あったのですが意外に時間の経過が早く
ほんの一部しか巡れませんでしたが、小学校の修学旅行でしか行ったことのなかった
大仏なども見ましたし、東京の会社の友人たちと若い頃に江ノ島へ海水浴に
行った際に乗った江ノ電などにも乗って懐かしさに浸りました。
海が好きなので稲村ヶ崎から七里ヶ浜を散策するうちに陽が西に傾き
集合時間に遅れてはと慌てて江ノ電に飛び乗りました。

4日からご旅行とのこと、楽しくお過ごし下さい。いい写真をたくさん撮って
アップして下さるのをお待ちしています。

eiko6215323   こんばんは!   2009/10/31   [ Edit ]


家の皆お出かけして、一人の静かな夜です。
鎌倉のツアーにお出かけでしたのね。
画像にあったBGMの懐かしい調べを聴きながらアップを見ています。

鎌倉には行く機会が無くて行ってませんので、画像で旅行気分を味わっています。
11月4日より旅に出かけます。
写真は下手ですが沢山写して、数ある中には少し益しなのも有るかもですね。

沢山素的な画像を楽しみました。
お休みなさい。


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/57-f2188af2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。