那須野の風に乗って

Entry 285   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

北上川のイギリス海岸 (東北の旅 5)



逗留の大沢温泉から花巻駅方向へ車で30分も行くと北上川のイギリス海岸があります。
何故イギリス海岸が北上川に? と不思議でしょうが
宮沢賢治がイギリスドーバー海峡の泥岩層の写真を見てここがよく似ているので、その連想から
名付けたものです。花巻農業高等学校の教師だった頃、生徒を伴って度々やって来ては泥岩層
の調査や北上川の風景を楽しんでいました。 泥岩層についてはスライドショーの頭に述べます



BGMは 「北上夜曲」
<<<


北上川イギリス海岸の泥岩層
泥岩層は北上川イギリス海岸が渇水期になると永い間の浸食作用によってできた細長い溝状と
壺穴状の泥岩層の背の部分が姿を見せます。ここで賢治は生徒達とバタグルミの化石や第三紀
偶蹄類の足跡を発見しています。 その後の調査でも第三紀層の色々な化石が見つかっています
何万年も前の頃は北上川のこの辺は海だったという事で、泥岩層はその証だそうです

夏の夜、時々独りでここにやって来た賢治は天の川や夜空の変化する姿を永い時間眺めては
宇宙に哲学を見出し、そして賢治の代表的な童話「銀河鉄道の夜」の着想を得たのでした


下の小画像にマウスオンです




北上川イギリス海岸の景観です
下の小画像をクリックすると別窓が開き拡大画像が出ます。
窓はプラウザの×で閉じて下さい


 < < < <




泥岩層内に立って北上川の流れを短い動画にしました。大体の様子が分かります



上の動画でYouTubeにアップした作品の丁度100本目となります


2012/10/17   未分類     285TB 0   285Com 10  

Comment

 

花ぐるま2045   素敵なイギリス海岸   2012/10/17   [ Edit ]

お早うございます
北上川は以前訪れたことはありましたが、こんな素晴らしい風景が見られるのですね。
昔ダークダック巣が北上夜曲を歌っていました。北上川ってどんなところだろう。。。なんて思っていましたが行ってみるとただの川~と思ったのはもっともっと若かった頃です
きっと今行くとしみじみとそのよさが理解できると思います
松ぼっくりさんは一番よい季節にしかも好天の下での旅行は最高でしたね
イギリスのドーバー海峡と良く似ているとか~
泥岩層なんですね
北上川では船で進んでいるような気分ですが。編集の素晴らしさにも現れています
泥岩層ではいろいろな化石も残っているとか。
美しい水の流れ、こんなにいい季節にめぐり合われた松ぼっくりさん、本当に最高でしたね
素敵な画像を有難うございました

あきこさん2046   イギリス海岸   2012/10/17   [ Edit ]

最上川のイギリス海岸は、豊かな水をたたえていますね。
イギリス海岸もこんな風なのですね。

外国に、しかもどなたも憧れるイギリス~
川の流れの音も素敵に感じましたぁ~

magamik2047   泥岩層   2012/10/17   [ Edit ]

こんばんわ~
北上川イギリス海岸の素晴らしい風景には見とれてしまいますね。
自然の美しさを堪能させていただきました!

泥岩層という言葉、恥ずかしながら知りませんでした。
宮沢賢治はここで色々な化石を見つけられたのですか。
夢があっていいですね~。
私も探してみたくなりましたよ。

北上夜曲は大好きな曲でよく口づさんでおりました。
このような美しい風景から生まれた曲なんですね。
手作り民芸、可愛らしいです~。

ご親切に教えていただき有難うございました。
早速チェック入れ替えました。

松ぼっくり2048   花ぐるまさんへ   2012/10/17   [ Edit ]

コメント早々にありがとうございます。

北上川のすべてを見たわけではないので何とも言えませんが、多分、北上川でも
賢治が名付けたこのイギリス海岸付近は特に風光明媚な場所ではないかと思います。
又、当日は晴天で水色も空の青を映し綺麗でした。今回の旅では一日だけ
雨に逢っただけでした。写真撮影にはありがたい数日でした。

賢治の学識や方向性からこうした泥岩層のような風景は特に興味があったと思います。
記念館を見ても科学や地質に関する足跡がたくさんありました。
それにしても『イギリス海岸』とは思い切った名を付けたものですね。

松ぼっくり2049   あきこさんへ   2012/10/17   [ Edit ]

コメントありがとうございます。

イギリス海岸の泥岩層は北上川が渇水になった時に顔を出します。
大河の北上川ですから渇水と言ってもかなりの水量で
泥岩層に立ち入っての撮影はちょっと怖かったです。脆い層なので。

イギリスはゆっくり行きたいものですよね。
40代の在京当時、今あるかどうか知りませんが小田急のツアーで
ヨーロッパツアーに家内と行った時はイギリスは行程にはなく
帰途に空港に降りたので空からのロンドンの街並みと飛行場は見ました。

松ぼっくり2050   magamik さんへ   2012/10/17   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます。

HTMLに関してはチェックが入っていなかったそうですが
次にソースを使用したときには反映されるでしょう。記事投稿後に
チェックを入れても記事の空白は直らないと思います。
又、同じ画面の下の『変更を保存』をクリックしないと無効です。

北上川が美しい景観を見せるのはこの付近が一番かもしれません。
賢治が教鞭をとっていた花巻農業高等学校からは歩いても1時間は
かからない場所です。生徒を連れて度々やって来たらしいです。

最近ここでは象の足跡が発見されたそうです。
川で出逢った地元のカメラマンが言っていました。

民芸品は親切にお茶など出してくれたクルミの森という民家使用の
休憩所で買いました。ボランティアのおばさん達としばし話が弾み、
帰りがけに姫ぐるみで作ったキーホルダーをプレゼントされました。
自宅の机の蛍光灯の紐に吊してあります。

北上夜曲は好きな曲ですが、最近MP3のアップがセキュリティで厳しくて
フリーのMIDIにしましたが音質がいまいちです。

松ぼっくり2051   あきこさんへ再返信   2012/10/18   [ Edit ]

宮沢賢治とイギリスの関係すが、賢治は37歳の人生でイギリス訪問の
経験はありません。ボクが勝手にイギリス遊学中にドーバー海峡を見たのだと
思い込んでいました。ごめんなさい。

賢治はドーバー海峡の泥岩層帯の白い壁の写真を見てそこから 連想して
イギリス海岸と名付けたのだそうです。連想が飛躍ししているようにも思いますが、
何しろ賢治の想像力は旺盛なものですから・・・

koyuko2052     2012/10/18   [ Edit ]

宮沢賢治が生徒を伴って時々やって来て、色々実地教育をして、
自らその風景に溶け込み、素晴らしい作品ができたのですね。

未だ北上川へ行ったことがありませんが、賢治の世界を彷彿とさせて頂き有難うございました。

松ぼっくり2053   koyuko さんへ   2012/10/18   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます。

賢治は地質学にも興味があったので、こうした泥岩層など、特に研究心を
煽られたのでしょうね。生徒たちと度々訪れていたらしいです。
独りで来るときは夏の夜などで、天の川も綺麗に見え、夜空に魅入ったことでしょう。
そこから『銀河鉄道の夜』の名作も生まれたのですね。

一度は北上川を訪れてみてください。場所によっては平凡な景色もありますが
多摩川にはない何かが発見できるかもしれません。

ゆみぞう2070   祝YouTube100本目   2012/10/30   [ Edit ]

昔も今も河川には様々な発見が潜んでいて、人々をとりこにしてきたんですね。私も今年、近所の川で貝や木の葉の化石を見つけて以来、新たな親しみを覚えました。


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/285-4b4ea5af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。