那須野の風に乗って

Entry 281   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

大沢温泉とその近辺 (東北の旅 1)



逗留の大沢温泉と一部周辺の紹介
出発日の朝は曇りがちの天候で仙台付近からは雨になりました。 途中震災で傷んだ路面の舗装工事が
岩手の花巻南 ICを降りるまでに15箇所もやっていてその都度片側通行となり走り難い状態でした。しかし
雨のほうは岩手に入ると止んでいました。 大沢温泉着前に時間があったので途中いつもの寒沢川に回り
早速釣りをしましたがヤマメは大型は出ませんでした。宿に着くと自炊で必要な色々のものを整理してから
やっと一息つくことができました。温泉は4箇所入り放題なのでこの日はホテル側の豊沢の湯で寛ぎました


大沢温泉
山水閣(右)と左が自炊部入口

ホテルと自炊部


大沢温泉の湯
この他に地下に薬師の湯がある。ボクはいままで一度しか入っていないが…


大沢温泉の湯


調理場と菊水館の夜景
調理場と菊水館の灯り


大沢温泉近くの代表的な温泉
鉛温泉では藤三旅館が有名。泉質はアルカリ性単純温泉で立ち湯等が人気。自炊部もある。新鉛温泉は
ホテル形式で設備が豪華。志戸平温泉にも以前は自炊部があったが現在はない。千人風呂で有名

近くの温泉


近くの渓流では
こうした平坦な渓流もありここでは過日大型のヤマメが釣れました。この奥のやや険しい場所では
大型を始め中・小型が多数釣れたので焼魚にしたり甘露煮にしたりと魚に関しては自給自足でした


豊沢川


豊沢川が豊沢湖に流入する地点の橋の上にて
宮澤賢治となめとこ山の案内パネル


賢治となめとこ山


今回は最初なので宿泊の温泉とその周辺を簡単な記事にしましたが次回からは陸中や宮澤賢治、北上川
そして初めて知った花巻温泉の見事なバラ園など順次記事にしてゆきます。それにしても
本州の県で最も面積の広い岩手県は海、山、川、里、温泉とバラエティに富んでいるのを改めて感じました

2012/10/02       281TB 0   281Com 8  

Comment

 

koyuko2010   こんばんわ   2012/10/02   [ Edit ]

お帰りなさいませ。
たっぷり温泉につかってリフレッシュなさった事でしょうね。羨ましい限りです。
私などは3度3度 食事の支度で辟易しているので、旅に行った時は上げ膳据え膳が魅力です。

しかし、松ぼっくりさまは日頃からなさってるようなので、苦にならないんですね。えらいですね。
我が主人は一切しないので、友人と出かける時も、用意して行きます。
他の家事は手伝ってくれるのですが…今更 諦めています。

花ぐるま2011   お帰りなさい   2012/10/03   [ Edit ]

帰りは何時だったか~台風の前だったんですか?
後だったのかなあと思いながら心配していました

山水閣には自炊部というところもあるのですね
きっと温泉治療などをする人も利用するのでしょうか~

釣りの成果は凄く取れたとかで流石ですね
毎日がお魚三昧でしたか?

岩手の災害地も徐々に復興しつつあることを嬉しく思います
お魚の甘露煮まで作られるとは相当のお料理人ですね
脱帽です!!

magamik2012   お帰りなさい   2012/10/03   [ Edit ]

こんばんわ~
いや~! いいところですね!
自炊しながらゆっくり温泉につかるなんて夢のようです。
甘露煮まで出来るのですか!すご~い。
料理の腕前は相当なものだと感じました。
手のかからないだんな様ですね。

次回も楽しみにしております。




松ぼっくり2013   koyuko さんへ   2012/10/03   [ Edit ]

コメント早々にありがとうございます。

ボクが料理を作るきっかけとなったのは、那須に家を建て家族が引越し、
ボク自身はしばらく単身赴任の形で週末のみ帰宅していた頃からです。
外食では栄養が偏るという事で狭いアパートで自炊していました。 

料理番組などテレビでは多いのでよく見ては実践しています。
けっこう幅広い料理が作れるようになりました。

宿には自家産の野菜はもちろん、米や調味料持参ですから安上がりです。
電気釜も車なので持って行きます。車利用でないと何も出来ません。
自炊部には料理に必要な食器や調理器具は全部揃っていますが、共用は
嫌なものもありそれは持参しています。

世間一般での主婦の料理作りは普通の形であり、それで
世の男性も安心して過ごせるというものです。

松ぼっくり2014   花ぐるまさんへ   2012/10/03   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます。

台風が北上する寸前の日曜日、早めのチェックアウトで、途中平泉中尊寺と
毛越寺に立ち寄りました。世界文化遺産に指定された後の姿を見てみたかったので。
平泉はこれで4回目になり、珍しくもありませんでしたが新しい発見もありました。

岩手は栃木などと比べて渓流魚は豊かです。セシュウム汚染もなく
安心して食べられました。大型は焼いて中・小型は沢山捕れすぎたので
保存の効く甘露煮にしました。いつもの事です。

次の記事で載せますが心配していた漁師ご夫婦には逢えませんでしたが
浜で作業中の人から無事を確認しました。
大船渡は碁石海岸より被災は大きかったけれど瓦礫は見当たりませんでした。
しかし、荒れ果てた感じがまだ残っていました。ここは速く通過しました。

松ぼっくり2015   magamik さんへ   2012/10/03   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます。

休みボケでそちらへのコメントでは見直したつもりがギボウシ他に
誤入力がありました。ご容赦ください。

自炊部では一泊2,200円なので10日間としてもお安いものです。
高速代とガソリン代を合わせたほうが高く付きました。
温泉は4箇所の湯が入り放題ですが、一日ノンビリすることなく外出ばかりでした。

料理のほうは手のこんだ凝ったものでなければ数はこなせます。
東京在住の頃の後半が単身赴任のようになってから始めました。
甘露煮は中・小型を鍋に入れ弱火にして醤油と甘味料で長時間煮込むだけです。
ガスは10円で8分間なので何回も10円を投入することになりました。
何やかや言っても、やはり後片付けは面倒ですね。

ゆみぞう2022   マイナスイオン漂う世界   2012/10/08   [ Edit ]

宿周辺の様子がよく伝わってきました。
こんな温泉天国にあっても、今回はゆっくり湯につかるよりも、動き回らずにはいられないものがあったのでしょうね。アクティブですね。
台所に立つ男性は、現代女性からは非常にウケがいいようですね^^

松ぼっくり2025   ゆみぞうさんへ   2012/10/09   [ Edit ]

コメントいつもありがとう。

今年は震災後一年半経過の段階でこの地区は全く放射能の汚染はありませんが
渓流釣りをやる人が減ったのは間違いなく、一昨年と全く同じ状態でヤマメが
確認され、それどころかちょっと上流に遡行すると自然繁殖したヤマメの
小型や中型が入れ食いで釣れました。その中に元気な大ヤマメが混じります。
なんか渓魚の聖域を侵しているような感覚に捉われました。

オゾンの度合いは小さな滝が処々にあり最高だと思います。帰りがけ
川沿いに道がないため渓川の上には道があるので、そこへ出たほうが楽だと思い
斜面を途中まで登ったら、下で見たのとは大違い、そこから上は滑って登れません。
下を見ると落ちれば命も危ない断崖状で困ってしまいましたが、勇気をもって
降りるほうを選択、小樹木に掴まりながら時間をかけて元の渓川に立ちました。
無駄な体力を使ってしまい、川中いを下流に歩きやっと車の場所にたどり着くと
汗びっしょりで、着替えをしていたら、鉛温泉にやって来ていた離れた車の中で
若い男たちが「あのおじやん着替えをしているけど、この近くに山があるのかな」などと
大きな声で話しあっていました。おじやんになったボクも改めて歳を思い知らされた次第です。

料理作りは普段やっていないと自炊部に来たってどうやっていいか分からないだろうし
家でも後片付けを初め主婦は間違いなく楽だと思います。アメリカなどでは普通だとか。


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/281-9d13e69b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。