那須野の風に乗って

Entry 263   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

渓流の女王ヤマメ



日光の渓流釣り
ヤマメは山女、山女魚とも表記されます。何故女の字が当てられたかは不明ですが体側面の
楕円状の美しい模様からかもしれません。渓流の中流域から上流のイワナとの混生域にまで
棲息し下流では滅多に見られませんが、時には大物が釣れたりします。今回鬼怒川で釣った
30㎝弱のヤマメは野生化したもので、数が釣れた放流ものと比べ引きが強烈でした


渓流表題


鬼怒川本流 花の宿松屋前



鬼怒川支流男鹿川 不動の滝



男鹿川支流芹沢上流の滝




この日に釣れた鬼怒川本流の大ヤマメと芹沢での釣果

このヤマメは尺(30㎝)に僅かに及ばなかった大物で
このサイズになると体側面の楕円状のマークが消える。
画像マウスオン・アウトで2枚です




この日の2日後芹沢で釣った野生化したイワナ (内臓摘出済み)
真ん中の大型イワナに顕著な腹部の黄色が野生化して渓流に居付いた証です



同じサケ科のヤマメとイワナの比較



ヤマメもイワナも元はサケと同じように海で成長し河川に遡上して産卵していました。しかし、古代の地殻の変動で
陸地が隆起した事で陸の渓流に閉じ込められたのがイワナです。ヤマメは中流域に遡上していたので完全に陸地
に閉じこめられず、現代になっても渓流から海に降りて成長し戻るという過程を繰り返しています。 それを降海型と
言っています。 その代表が岐阜の吉田川などに見られるサツキマスです。 イワナも東北の海岸等では見られます



2012/06/23   アウトドア     263TB 0   263Com 12  

Comment

 

花ぐるま1842   凄い大漁!!   2012/06/23   [ Edit ]

お早うございます
さすが~山女魚の30cm弱のものを~
さぞや片手におちょこ、片手に山女魚を~との想像がつきます

鬼怒川上流には沢山ヤマメやイワナがいるんですね
私は8月ごろに奥鬼怒を歩くのですが、こんな素敵なところなんですね
大小の滝がいっぱいあって、マイナスイオンにあふれていますね

山女魚と岩魚の違いがよくわかりました
両方ともサケ科なんですね

渓流釣りは私の娘が北海道にいて、やったことがありましたが
最近では行ってないようです
気持ちの良い渓流での釣りは誰でもができることではないので
何かさわやかな空気が漂ってまいりました
有難うございます

みーたん1843   渓流釣り   2012/06/23   [ Edit ]

こんにちは
大漁ですね。 鬼怒川上流には、たくさんのヤマメヤ、イワナが生息しているのですね。しかも大型のイワナや、ヤマメですね。
塩焼きですか、釣りたてを召し上がるのは、美味しいでしょうね。
食している光景がうかびそうですね。釣れた喜び、食べる喜びいいですね。

koyuko1844   お早うございます。   2012/06/23   [ Edit ]

大漁ですね。
イワナは獰猛で蛇などを捕食していると知り驚きました。

最も人間が一番かもしれませんね。なんでも食べるんですからね。

あきこさん1845     2012/06/23   [ Edit ]

沢山の川さかなが釣れると嬉しいのでしょうね。
フリ塩たっぷりして、焼いたりして、イッパイのつまみにもいいのでしょうね。

ヤマメもイワナも馴染みが薄いのですが、釣り人さんにはおいしいのでしょうね。

松ぼっくり1846   花ぐるまさんへ   2012/06/24   [ Edit ]

メントいつもありがとうございます。

今年は鬼怒川水系では解禁が遅れました。他ならぬ放射能汚染の検査が
たいへん手間がかかった為で、ようやく安全性が確かめられました。
満を持していただけに毎日のように渓流に通い詰めです。
鬼怒川は数は出ませんが記事のような大物がたまに釣れることがあります。
粘った結果ですが、沢の渓魚は釣れるスピードは速いですね。

娘さんは北海道で渓流釣りを・・・羨ましいですね。
ボクも一度は北海道の沢に入りたいのですが機会がありません。
北海道には猟期の制限がないらしいです。ただし、ヒグマが多いので沢の奥に
入る場合はクマよけに爆竹を定期的に鳴らしながら釣るしいです。

日光の男鹿川でも最近はキャッチアンドリリースと言っ、て釣った魚は持ち帰らず
その場で川に戻すという区間が増えました。このやり方には賛否両論があり
ボクを含め反対する人は、釣針で傷ついた渓流魚を川に戻しても傷口から
細菌が侵入し、2年も持たずに死んでしまう例が多いということです。
それよりも釣った魚は美味しく食べてやるのが古来からの魚に対する正常な姿勢です。
こうした考えも人間の勝手な驕りと取られてもやむを得ないことではありますが~

松ぼっくり1847   みーたんさんへ   2012/06/24   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます、。

鬼怒川の本流では数は少ないですが野生化した大型ヤマメが時たま釣れます。
支流の小沢にも放流しますが、漁協が今回は公表しなかったので釣り人が
少なく、良いポイントに入ると記事のように沢山釣れます。2日後には
これ以上のヤマメ、イワナが釣れました。昔の会津のようでした。

ヤマメは大体は塩焼きにします。少し小ぶりのヤマメは家内が唐揚げにします。
なんといっても楽しみなのはイワナが釣れた時にはイワナ酒にすることです。
酒が飲めない家内でもイワナ酒は飲めるし酔わないのですから不思議ですね。

松ぼっくり1848   koyukoさんへ   2012/06/24   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます。

イワナは獰猛ですがヤマメもそれに近い習性があります。
ある年、新潟の沢でヤマメを釣り、腹を割いてみると胃袋から
半分消化した大きなネズミがでてきて驚いたことがあります。

渓流域は餌が下流ほど豊富ではないので、水生昆虫から
陸地の昆虫、小動物まで何でも捕食することで知られています。
僕も餌を忘れた時に蜘蛛やイナゴでイワナを釣り上げたことがあります。

松ぼっくり1849   あきこさんへ   2012/06/24   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます。

あきこさん殿はお酒が好きとお見受けしました。経験があるかもしれませんが
ぜひ一度イワナの骨酒(一般にイワナ酒)を飲ませてみたいものです。
酒の苦手な家内でも好きになったし、また酔っぱらわないから不思議です。

ヤマメの塩焼きは都会でも居酒屋などで1尾700円くらいからありますが
その野趣たっぷりの味わいは他に類を見ません。

あきこさん1850   釣りの魚   2012/06/24   [ Edit ]

魚のイワナの塩焼きはとても~おいしいですね。
魚好きですが川魚には縁がないのです。

奇妙な骨酒?は飲めるでしょうか~
毎日のようにいただくのは、しゃけ、それにぶりとあじとさば位です。

この十年くらいは飲みに行く機会がほとんど~少なくなりましたぁ~
このところ~昼間の梅酒で楽しんでいます。

松ぼっくり1851   あきこ7さんへ   2012/06/24   [ Edit ]

再度のコメント恐縮です。

川魚料理は地方への旅行の際に召し上がったのだと思います。
山の宿などでは イワナの塩焼きはメニューに含まれますが
骨酒は別オーダーになりますね。
骨酒といってもイワナの骨だけ使用するのではなく、中型のイワナを
焦がさないようにカラカラになるまで焼いてから、深めの器に入れ
そこに熱燗の日本酒を注ぎイワナ独特の成分を抽出して味わうものです。
何故骨酒というのか不明ですが、多分、古人がイワナを食べた後、残った
骨の部分を捨てることなく、熱燗の酒を注ぐと美味だったことから派生した
言葉だと思います。酒が柔らかい感じになり香ばしくもあります。

あきこさんの雰囲気がお仲間で飲みに行かれるような気がしてコメントとなりました。

magamik1852     2012/06/25   [ Edit ]

こんばんわ~
流石、渓流釣りが趣味の松ぼっくりさん!
立派なヤマメやイワナを見事に吊り上げられて~。
警戒心の強い川魚を釣るのは難しいでしょ!

塩焼きになさったのかしら!?
アツアツは本当に美味しかったことでしょう。
アユやニジマスは食べたことがありますよ。

ヤマメ、イワナのことを詳しく教えてくださり、勉強になりました。

松ぼっくり1853   magamikさんへ   2012/06/26   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます。

渓流釣りはおよそ女性の姿はありませんが、中には男性のサポートで
釣行する方もいるようですね。風景と美味しい空気の中での釣りは最高です。

ヤマメは焼き、イワナは好みにもよりますが大形はムニエル、少し小ぶりのものは
イワナ酒にするのが美味しいですね。川魚は魚屋さんでもあまり売られていませんから
ヤマメやイワナを味わうには関東以北の民宿や旅館になりますね。
都会でも居酒屋や日本料理店で扱っていますがバカみたいに高価です。

味に癖があるので我が家でも男子の孫は喜びますが、娘2人は好きではないようで
特に次女など渓流魚の命や保存の問題を衝いてきますので難しい面があります。
天然イワナも釣れますが、環境に耐えて生き続けてきた彼らは貴重な存在ですね。


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/263-4884f35a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。