那須野の風に乗って

Entry 250   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

桜の名所ふたつ



烏ヶ森公園と栃木県酪農試験場
地元のソメイヨシノの名所2ヵ所を紹介します。烏ヶ森公園と県酪農試験場です。ソメイヨシノはどちらも古木ですが
酪農試験場では新しい桜も育っています。 共に松の緑の中に桜が咲いていて対比が綺麗です。 烏ヶ森公園は
桜が終わると全山が朱に染まるほどのツツジが咲き乱れてこちらも県北部での名所になっています。


<<<



下の画像を連続クリックしてください。12枚です
<<>
<画像1の説明>


烏ヶ森公園のソメイヨシノです。撮影後数日で葉桜になりました。
桜に限らず開花の時期にめぐりり逢って撮った写真は貴重だと思います。
下の小画像にマウスオンしてください


■説明文1■


山際にスミレが咲いていました。スミレは種類が多いようですが
このスミレは何スミレでしょうか






酪農試験場の桜




下の画像番号をクリックしてください

■コメント1■



牛さんも憩う
下の小画像をクリックすると別窓が開き拡大画像が出ます
窓はプラウザの×で閉じてください

< < < < <




ソメイヨシノの名前の由来
江戸時代末期江戸の染井町で植木職人たちが集まってエドヒガンやオオシマザクラと 吉野から取り寄せた山桜
との交配作業をしていました。その後、自分たちも驚くほど見事な桜に仕上がりました。それに名前を付けることに
なりましたが 最初はそれが山桜と思い吉野山にちなんでヨシノサクラと名付けたそうです。しかしその後明治初期
の研究により山桜ではないことが判明した。それでは名前を替えなくてはいけないという事になり交配した場所の
染井町と吉野の名をミックスさせてソメイヨシノの名前が誕生しました。明治時代から徐々に全国に広まっていった



2012/04/30       250TB 0   250Com 9  

Comment

 

花ぐるま1736   ソメイヨシノの由来   2012/04/30   [ Edit ]

お早うございます
ソメイヨシノの由来がよくわかりました。エドコザクラとオオシマザクラのかけ合わせによって生まれたという、ソメイヨシノは種が出来ないので全部がクローンなのですね
ですからソメイヨシノは50年ほどしか持たないそうですね
山桜などは1000年とか2000年とか持つというのに、弱いのだそうですね

烏ヶ森公園のソメイヨシノ、酪農試験場のソメイヨシノ、そしてそこで長閑に草を食んでいる牛さん~いい風景ですね。こういう平和が中東とかには無いのが気の毒です
画像が大きくなって驚き!!です

スミレはタチツボスミレが一番多く見られます
タチツボスミレは葉が丸いのが特徴で花もちょっと薄い色ですね

でもスミレは高尾山だけでも800種類くらいあるといわれるくらい、判別も難しいそうです
中には雑種などもあるでしょうから。
今日は一日晴れたり曇ったりのお天気だそうですね
私はまたまた午後から講習会が待っています
美しい桜と音楽を有難うございました

春休みのデッサン室1737   心安らぐ風景   2012/04/30   [ Edit ]

これはいつ頃の桜の画像でしょうね。

こちらはもうすっかり花はなくなりました。
八重桜はかろうじて残っていますが、でもこれもずいぶん痛んできました。

野鳥もオオヨシキリが鳴き始め、どんどん夏に向かっています。

桜の下の牛たちの情景、とてもいいですね。
牧歌的で心が安らぎます。

松ぼっくり1738   花ぐるまさんへ   2012/04/30   [ Edit ]

コメント早々にありがとうございます。

桜の記事もさすがにこれで最後になりました。
確かにソメイヨシノの寿命は山桜と比べれば格段に短く古木になると徐々に
花も少なくなり枯れてきますね。新しい植樹も進んでいます。
それに比べ枝垂れ桜系統は寿命が長く樹齢何百年のものもありますね。

ソメイヨシノは酪農試験場のほうが綺麗なようでした。もっとも、ここは牛への
感染防止で人間の立ち入りが制限されていて、知る人ぞ知る的存在だからです。

スミレは種類が多く判別が最も難しいという話しは聞いていました。
高尾山だけでもそんなに種類が多いのですか~ 驚きです。

松ぼっくり1739   春休みのデッサン室さん   2012/04/30   [ Edit ]

Cコメントいつもありがとうございます。
急激に訪れた暖かさで自然界は面くらっています。何もかもが花開いてきました。

この桜の撮影日は4月23日ごろでした。平日でしたが烏ヶ森のほうは人が多かったです。
酪農b試験場は牛たちへの細菌感染予防のため、立ち入りが禁止になっている箇所も多く
桜は清澄で綺麗です。立ち入りが禁止になっている処はもっと素晴らしいです。

素晴らしい環境での牛たちは研究の対象ですが屠殺されないだけ幸せでしょう。
人懐こくモォ~と鳴き声を真似ると近寄ってきます。拡大画像の5番目の
画像がその時撮ったものです。柵外の草を無理して食べています。

みーたん1740   充実しブログですね!   2012/04/30   [ Edit ]

Commentなんと中身の濃いブログでしょう。
↓のスカイツリーとさくらもそうですが・・・何度も見いってしまいました。
画像も素ばらしいです。

ソメイヨシノ、いつだったか何かで読んだような気もしましたが、すっかり忘れてしまっていました。
また新たに頭の中にインプットされました。

南から北へ、季節は移りまだこのようなさくらの花が見られたのですね。
こちらはすっかり葉桜です。

スミレ2種類が同居しているようですね。
葉っぱが丸葉もありますね。

松ぼっくり1741   みーたんさんへ   2012/05/01   [ Edit ]

お訪ねくださいましてありがとうございます。
そちらへも気に掛けていながら自分の事ばかりにかまけて
ご無沙汰してしまいました。申し訳ありません。
新たに右サイドメニューのリンクに加えさせていただきました。
これだからブログの友達も少ないのでしょうね。反省してます。

この記事で桜ともお別れですが日本列島は東西に長いので、これからは
青森の弘前や北海道からも桜の便りが見られる事でしょう。
西日本の人はすべて自然の記事が先取りできるので羨ましいです。

スミレの種類は花色、容、季節など数多いらしいですね。
ネットの花図鑑で見ても写真では判別が難しいです。
みーたんさんはお詳しいので概ね判別がつくのでしょうね。

koyuko1742   お久しぶりです   2012/05/02   [ Edit ]

やっとお訪ねする事が出来ました。ご心配をおかけしました。

今年はいつもの半分しか桜見物ができなかったけれど、
ここで、素晴らしい桜を見せて頂き、しあわせ気分になり有難うございました。

特に、術後の明るい画面で素晴らしく感動できました。
また、よろしくお付き合い下さいますようにお願い致します。

ゆみぞう1755   2012桜の見納め   2012/05/05   [ Edit ]

今年は、烏が森も試験場も生で桜を見に行けず心残りだったので、
こうしてじっくり鑑賞させてもらえることは大変ありがたいことです。

BGMは松田聖子の1995年発売『瑠璃色の地球』のインストゥルメンタル。
♪ひとつしかない私たちの星を守りたい・・・
というサビが印象的で、スケールの大きい感動的な曲。中森明菜らもカバーしていて、
YouTubeで個人が制作したデジブック風のいろいろなバージョンを聴いていたら、
なんだかなつかしく、時の流れを感じさせられ、ほろりとさせられました。

松ぼっくりどのの、レベルの高い画像でデジブックに纏められたら、
たちまち感動の渦が巻き起こるかもしれません。

松ぼっくり1758   ゆみぞうさんへ   2012/05/05   [ Edit ]

コメントありがとう。
さすが聖子の曲はすぐわかりましたね。これはmp3ではないので温音質は良くないです。

池の写真、あまり大きく撮っていませんが例のカモさんが写っているはずです。
近くに来てくれなかったので良いアングルで撮れませんで
youTubeはすべてmp3で共有作品が多く、その曲のみを取り出すことができるんです。
既に何曲もPCに保存しました。残念ながら静止画をWindowsライブムービーメーカーを使って
YouTubeにはアップロードできないんです。動画7のサイトなので。

ブログ右サイドメニューのリンクにある「那須野だより」に載せてありますよ。20枚も。
又、那須オルゴール美術館の記事にも静止画像のyouTube版が載せてありますが
やはりよく見ると悪い画像です。原因は不明ですが、動画は鮮明にアップできすね。


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/250-d2ebce30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。