那須野の風に乗って

Entry 244   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

寅さんと柴又帝釈天



隅田川からスカイツリーと近代的ビル群を見た後、帰りがけに葛飾柴又の寅さん記念館を見学し
近くの帝釈天までを散策しました。周囲の町並みは映画で見る庶民的な柴又の雰囲気そのものでした

BGM用画像 (下の再生ボタンを押してください。音楽と数枚の画像が出ます)
BGMは「男はつらいよ」ですが容量が大きくFC2ではアップできないので
Windows ライブ ムービーメーカーで編集しYouTubeを利用しました






寅さん記念館内部の様子。画像クリックで3枚です
<<



寅さん記念館から約1.5キロ地点の帝釈天まで散策しました。途中の家並の低さは
スカイツリーを見た後なので余計感じました。参道脇の商店の佇まいは素朴そのものです






帝釈天とその参道
下の小画像にマウスオンしてください


帝釈天本堂



帝釈天と江戸川堤の桜です
下の小画像をクリックすると別窓が開き拡大画像が出ます。
窓はプラウザの×で閉じて下さい


< < < < <




江戸川堤の公園にシバザクラが植えられていました




バスツアーの経験がある方ならお分かりと思うのですが、ツアーの帰途の車中でDVD映画がしばしば映されます。
その代表が渥美清寅さんの「男はつらいよ」と西田敏行、三国連太郎の「釣りバカ日誌」です。旅の帰りなので肩が
凝らないで誰にも親しめるということから選んでいるのかは分かりません概ねこの二つの作品が多いようでした。
ボクの場合は釣りの趣味もあるので「男はつらいよ」よりも「釣りバカ日誌」のほうが好みで寅さんには悪いのですが
「男はつらいよ」の時は眠ってしまいます。寅さんのキャラクターと人情話の取り合わせがあまり面白く感じません。
しかし、寅さんの根強いファンは多く、寅さん記念館によれば遥々新潟県から何度も訪れる方たちも多いそうです。



2012/04/15   未分類     244TB 0   244Com 8  

Comment

 

高花六無齋1710     2012/04/15   [ Edit ]

私もバスツアー^では寅さんの釣りバカ日誌を見たことがありますが、最近のツアーではそういうことはしません。大体が登山&あるくツアーなのでバスの中ではみんな眠ってしまうからです

柴又帝釈天は過去2度ほど行きました
庭が案外きれいで広大なんですよ

そして柴又から川を舟で渡って千葉県側に行くこともできます
今年はスカイツリーのツアーがいっぱい出ていて、浅草近辺がにぎわいますね
私がいつも乗っている電車の駅名までが押上からスカイツリー前に変更になるらしいです
柴又帝釈天の桜の花もきれいですね
浅草や柴又などこういう古い町はいつまでも残しておきたい風情のある街ですね
有難うございました

松ぼっくり1711   高花六無斎さん   2012/04/16   [ Edit ]

コメントありがとうございます。凝ったハンドルネームですので
一瞬誰だろうと驚きましたが、花ぐるまさんと同じ
千葉在住でいらっしゃいますね。彼女も山歩きが達者なようです。

ボクは初めて柴又帝釈天に行きましたが、今までこの映画と同様にあまり
興味がなかったのですが、散策すると
落ち着いた昔懐かしい風情が残った町に好感が持てました。
寅さん記念館など寅さんファンにとってはたまらない魅力だと思います。

花ぐるま1712     2012/04/16   [ Edit ]

昨夜のコメント、間違ってしまいました
家にパソコンが3台あって、名前のところがたまたま、すぐ前の名前になっていたようで、すみません~
花ぐるまの間違いでした。
おっちょこちょいで時々こういうことが起こります
これからも気をつけるようにしますのであしからず~
有難うございました

松ぼっくり1713   花ぐるまさんへ   2012/04/16   [ Edit ]

いや~ そんなこととはつゆ知らず、新しい訪問者と思いまして、
コメント欄のURLは作動しなかったのですが
ネットで調べたら千葉在住の男性のブログが出ましたので
そちらにコメントの返しをしてしまいました。先方も首をかしげているかな?
何ともコメントがないのであまりお付き合いが好きではないみたいです。

magamik1714     2012/04/18   [ Edit ]

こんばんわ~
懐かしい寅さんの声を聴きながら拝見させていただきました。
寅さんの映画何本か観ましたよ。
ソ連でも大ヒットしたそうです。不思議な気がしますが・・・

桜、とっても綺麗に撮られていますね~
流石です!

バス旅行に行きますとこちらでも仰る二本が用意されていますね。
釣りバカ日誌もそういうわけで数本見ました。

釣りが趣味というのもいいですね~。
子供の頃、海の近くに住んでいましたので、何度か
経験したことがありますよ。
あの、つれたときの快感、今も覚えてます。

有難うございました。


あきこさん1715   寅さん   2012/04/18   [ Edit ]

寅さん物語は良かったです、釣りバカ日誌も同じように良かったですが、、

あらあら、釣りバカ日誌の方が良いなんて、私とはもめそうですね~

お正月には新宿に出かけ、寅さんに映画の画面で感動していました。

松ぼっくり1716   magamik さんへ   2012/04/18   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます。暖かくなり今、地元の桜が満開です。

寅さんにはあまり興味がなかったボクも葛飾柴又の町を歩き帝釈天に
お参りして、なんとなく寅さんの世界が理解できたように思います。
「釣りバカ日誌」の平社員が釣りでは社長の先生という設定が面白く
ハチャメチャな主人公を演じる西田敏行に理屈なしに笑えるのですが
寅さんの世界はまた違った人情もので好みではなかったのですが
今度ゆっくりとビデオで見直したいと思います。

丁度いい時季に東京に出かける機会に恵まれ、バスの移動先の
すべてが桜の満開でした。久しぶりに東京の桜を満喫しました。

magamiさんが釣れた時の感触をご存知なのは意外でしたが
魚にはQ悪いのですがあの時の味が忘れられずに釣り人は海・川へ出かけます。

松ぼっくり1717   あきこさんへ   2012/04/18   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます。こちらも、ようやく春たけなわです。

寅さんの物語に涙するあきこさんは優い人情溢れる方なのでしょうね。

ボクはある意味ハチャメチャ人間の一面があるので、「釣りバカ日誌」のような
型破りの主人公に憧れを持つんですね。あんな人物が近くに居たら
迷惑かもしれませんがそれ以上に楽しいと思うのですが・・・


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/244-c320449d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。