那須野の風に乗って

Entry 193   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

飯豊温泉とブナ林の道・・・山形の旅 Ⅰ




山形県でも自然の豊かさでは代表的ともいえる飯豊山麓一帯でのブナ林は見事なもので
その規模の大きさは青森の白神山地に次ぐものであり山形・福島・新潟にまたがっている
飯豊連峰の全てを含めれば 我が国では最もブナの原生林が残る地域ではないだろうか。

毎年訪れている飯豊玉川は 飯豊山系の大日岳2,128m を源として途中、 多くの渓流を
併せて流下する美しい谷川である。 ブナの恵みの清冽な水が天然イワナを育んでいる。
今回はあまりの暑さで釣りは控え目になり、 国民宿舎梅花皮荘の天然温泉を楽しんだり
飯豊登山の基地,飯豊山荘から玉川沿いのブナ林に造られた遊歩道数キロを歩いたりと
暑さを避けての過ごし方になった。例年ならこの時期の飯豊は涼しいのだが・・・



BGMはグリーン スリーブス




下の小画像をクリックしてください。アニメも含まれています
<
梅花皮荘には他に川入荘という露天風呂施設があります
< < < < < < < < < <



飯豊山荘や遊歩道で出逢った他の風景画像
下の小画像にマウスオンしてください

梅花皮荘から5キロ奥にある飯豊山荘正面。木造の建物はかなり古い



梅花皮荘の夕食メニュー
国民宿舎の低宿泊料金の食事としては充実しているかも。
左奥の鍋は米沢牛と野菜の取り併せで人気がある。
他は主としてイワナや山菜料理である



食べてしまって写真に撮れず梅花皮荘のHPから。画像良くない


飯豊温泉周辺地図



梅花皮を「かいらぎ」と読む謂われについてはよくは解りません。数年前に初めて梅花皮荘に宿泊した際
宿の参考資料に梅花皮荘の名の由来が記されていて、記事にもアップしているのですがgoo時代の事で
その記事は削除してしまいました。 ただ、 うろ覚えで「かいらぎ」とはサメ類の背中の中央の硬い部位を
指すもので、 昭和年代飯豊温泉に宿泊して度々飯豊山に登っていたグループが、 登山途中の石転び沢
でこの「かいらぎ」そっくりの岩を見た事から記念に当宿を『梅花皮荘』としたとの事です。グループの一人
は「かいらぎ」に詳しい学者だったそうです。この説明は一部は正しくても誤りがあるかと思います。



2011/09/18   未分類     193TB 0   193Com 10  

Comment

 

1183   今晩は♪   2011/09/18   [ Edit ]

松ぼっくりさま
BGMの爽やかなグリーン スリーブスを聴きながら
渓流を併せて流下する美しい谷川ですね。
ブナの恵みの清冽な水が天然イワナも育んでいるの?
暑さで釣りは控え目でしたか。
国民宿舎梅花皮荘の天然温泉でしたか?
ご馳走が美味しそうですね・・
アニメも入っていて写真が沢山あり楽しみましたよ。
台風が近づき大雨になっています、傷みが今 無いので見せて貰いに来ました。


松ぼっくり1184   啓さんへ   2011/09/19   [ Edit ]

早々にコメントありがとうございます。
残暑が厳しいのもあと2,3日でしょうか。

涼を求めての飯豊(いいで)への旅でしたが
期待は裏切られ暑いのなんの33℃にもなりました。
渓流に入れば足元は涼しいものの、頭上は
強烈な陽射しで長くはいられませんでした。
旅先での熱中症は避けなければと無理しませんでした。
釣りのほうは次の記事で載せますが、それでも綺麗な
天然イワナが1尾、早朝の涼しい時に釣れました。

この飯豊山麓は5月や10月は素晴らしい自然が
その真価を見せる時季です。それは爽やかですよ。
是非一度訪ねてみてください。新幹線を利用すると
そちらからは一日で行けるでしょうが
車は栃木からは便利ですがそちらからは遠すぎます。
中国地方と東北はだいぶ離れていますね。

magamik1185     2011/09/20   [ Edit ]

こんばんわ~
素晴らしいところですね!
美しいブナ林、一度歩いてみたいものです。
心の中まですっきり、リフレッシュできますね。
そして天然かけ流し温泉ですか!?
今はなかなかそういったところはないでしょう。
実に贅沢ですよ。
山菜料理も好きなんですよ。
美味しそう!
BGMと共にくつろがせていただきました。

松ぼっくり1186   magamikさんへ   2011/09/21   [ Edit ]

コメントありがとうございます。

ここのブナ林は白神山地のように密集しては
いませんが幅広く点在しているようです。
一帯はツキノワグマの棲息地なので、単独でも
複数でもあまり奥へ入る事はできません。
散策路や登山道は、実によく整備されています。

記事中に「天然温泉」という言葉を何度も使いましたが
湧出したままで沸かしたり、逆に水を加えたりしていな
い純粋な温泉を指しています。こうした温泉は
各地にありますが数はそう多くはありません。

宿は手頃な宿泊料金のに食事は10品以上も
付いていて川の幸山の幸中心です。

koyuko1187   こんにちわ   2011/09/21   [ Edit ]

涼しそうな所でも、今年の暑さは異常で、山形でも暑かったようですね。
でも、美味しいお食事と天然かけ流しの温泉で最高の贅沢ですね。
十分にリフレッシュされたことでしょうね。

台風が来て、豪雨です。今日は寒さを感じます。お気を付けてね。

テトラ1188   山形の旅   2011/09/21   [ Edit ]

こんばんは~。台風のほうは如何ですか?

山形は亡夫の故郷ですので何度も行きましたが飯豊山連峰のことは知りませんでした。

2,000m級の山々が広域に亘りそびえている様は勇壮でしょうね。

残暑を忘れさせるような緑いっぱいの美しいブナ林の遊歩道、是非歩いてみたいです。

天然かけ流しの温泉に入り豪華なお食事を頂きゆっくりと休養出来ましたね。

素敵な音楽を聴きながら画像を楽しませて頂きました。

松ぼっくり1189   koyukoさんへ   2011/09/21   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます。
台風が南からきているのに寒いですね。
気圧の関係が複雑です。

今日の天気からは想像もつかないような
飯豊の旅でした。何しろ猛暑でいたから。

梅花皮荘の温泉は全くの生のままですから
冬季は温度が下がり温くなってしまうそうです。
源泉は記事にも載せた飯豊山荘で
そこから引湯しているので尚更だと思います。

ここの自然が好きで毎年訪れますが
あまりにも遠く、電車・バス利用だとまる一日も
かかるという交通不便な処です。車が運転
出来なくなったら足が遠のくかもしれません。
車ですと福島の喜多方経由で5,6時間で着きますが
やはり遠いので運転疲れしていまいます。
遠い分人が少なく自然は豊に残っていますね。

松ぼっくり1190   テトラさんへ   2011/09/21   [ Edit ]

コメントいつもありがとうございます。
一時、雨風共に強かったのですが、それ程
ひどくはなく20時現在は静かになって
きましたが、油断はできません。

ご主人は山形のご出身でしたか。山形も広く
飯豊のような山奥から山形市や米沢などの
賑やかな街もありますね。数年前は直江兼次で
観光客が押し寄せた記憶は新しいです。
歴史のあるいい処ですね。

梅花皮荘は国民宿舎なので宿伯料金は
割安なのですが、地元の特徴を生かした
山と川の料理は嬉しいサービスで、
イワナの塩焼き・味噌汁、山菜のてんぷらを始め
米沢牛の鍋などもあり内容的にも年寄りには
丁度良い内容量でした。ビールも飲みましたよ。

マオママ1194   パソコンとは   2011/09/23   [ Edit ]

賢いもんですね~
“いいでやま”で入力したら飯豊山と変換します
しかし難しい読み名です(^^;;

夕食メニューがボケてるので・・・松ぼっくりさんとしては珍しいなぁ~と思ったら
食べてから写真・・・
思わず笑ってしまいました^^
米沢牛の写真見たかったなぁ~~

松ぼっくり1195   マオママさんへ   2011/09/23   [ Edit ]

前の記事にさかのぼってのコメント有難うございます。

9月半ばでのあの厚さは一体なんだろうと、
今現在の寒い位の陽気の中で思い起こしています。

夕食の写真は記事編集の段階で、ああ失敗したと
気付いた次第。このときマオママさんの事を
思い出し、食事の場によく忘れずにカメラを
持って行かれるなと改めて感心しました。
当夜も食事の写真を撮り忘れたことすら
気が付きませんでした。飲んだせいもあって…
やむを得ず梅花皮荘のホームページの小さい画像から
コピーし、少し拡大したらこんな画像になってしまいました。

ほんと梅花皮や飯豊など他の地域の方は
カナをふらなければ読めませんよね。

それは別として実に自然に恵まれた
素晴らしい土地で那須以上ですね。


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/193-20084f79

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。