那須野の風に乗って

Entry 152   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

大地震六日前の旅行記事です


今回の大地震 & 巨大津波で壊滅的被害を被った東日本であるが、それが起こった直後のインタビューで
「これは天罰である」と石原都知事が述べたとのこと、いかにも毒舌家の二流政治家らしい言葉であるが
今回の被災地の住民に対しての発言ではなく、自然破壊や人間性を欠く行動が目立つ人達への皮肉なら
当を得た発言とも思えて小気味よい。どこに対して天罰と言ったのかが問題で己の治める東京を含めての
事でしょうか?それなら現在の東京が置かれている事情をよく把握していると思う。 関東大震災並の地震
がいつ来てもおかしくないと言われる東京なので石原都知事は地震が来る前に予告宣言を行ったのか?



<< <


鎌倉宮、瑞泉寺、小町通りの散策
大地震の5日前、かねて予約してあったタビックス白河支店のツアー『横浜中華街と鎌倉散策』に参加しました。
当日は寒さから解放され抜けるような青空の下で中華街の食事を味わった後、鎌倉に移動し鎌倉宮、瑞泉寺
を巡り、八幡宮の駐車場から殆どの参加者はすぐ近くの小町通りの散策を帰途直前まで楽しみました。
よもやこの六日後にこうした大災害が起こるとは夢にも思う筈もなく呑気な旅を満喫していたのです


下の画像上で連続クリックして下さい。20枚あります。北斗様のソースをお借りしました

<<


鎌倉宮 は護長親王を奉斎する神社です。いわゆる建武の中興が成功し、 鎌倉幕府は北条氏と共に滅亡した。 その功績から
護長親王は征夷大将軍に任じられた。 しかし、 共に戦った足利尊氏はその位が欲しいので奸計を 巡らし護長親王を逆賊に仕
立てあげ、鎌倉宮の土牢に幽閉した。その9年後、「中先代の乱」で尊氏は敗れると逃げる間際のどさくさに紛れ、 家臣に命じて
親王の首を刎ねてしまった。護長親王は28歳という若さだった。 明治維新を成し遂げた明治天皇はその精神基盤は護長親王
によるものが大きいとして末永く伝えようと親王終焉の地である東光寺跡に神社建立を勅命した。それが鎌倉宮である。以来、
皇室との関係が深く現天皇も度々訪れて護長親王を偲んでおられるという


瑞泉寺
 は嘉歴2年(1327年)に鎌倉幕府の重臣二階堂道蘊(二階堂氏は那須の与一に辛く当たって反発した武 将で個人的に
は嫌いである)が夢想礎石を開山に介して創建した禅寺です。鎌倉時代の五山文学の拠点で学問の寺であった。 又、花の寺とし
ても有名で境内は季節ごとの花が咲き乱れる。 特に梅林は見事なものらしいが、今回訪れた時期は盛期を過ぎていて紅梅が一
部咲いているだけだった。 この寺は他にもつつじ、牡丹,マンサクなども有名であるが今回はいずれも季節外れだった。 しかし、
この日は他に咲いていた幾つかの花を撮影することができた。


鎌倉小町通りを歩く
瑞泉寺の後、ツアーバスで隣席だった方と小町通りを散策しました。珍しくもない
横丁の姿ですが、人によっては好きなようです。参考までに御覧下さい。
YouTubeで作成した動画を載せました。僕のパソコンの動作環境では
煩わしい途中コマ切れ再生は全くありません





この5日後、大地震・大津波が三陸を襲った

gooブログフォトチャンネルに載せられた大鎚町の惨状
実に画像は100枚もあります。拡大画像でご覧ください




                                                          コメント 投稿ボタンは上部タイトルの下にあります



2011/03/21   未分類     152TB 0   152Com 7  

Comment

 

magamik789     2011/03/23   [ Edit ]

こんばんわ~
鎌倉宮、瑞泉寺の旅、丁寧な説明でよく分かりました。
歴史の苦手なものにはありがたいです。
「鎌倉小町通を歩く」の動画もとても綺麗に見えましたよ。
オカリナを吹くおじいさんが印象的でした。
音色が綺麗でとても好きな楽器です。

その5日後に大地震が起きるとは思いませんものね。
石原都知事の発言は「自然破壊や人間性を欠く行動が目立つ人達への皮肉」
と私もとりました。
でも、震災で大きなダメージを受けておられる方々には
余裕がありませんから、お気の毒でした。

まだまだ、油断が出来ない状況にあるようです。
くれぐれも気をつけてお過ごしくださいませ。



北斗791   こんばんは   2011/03/24   [ Edit ]

石原都知事の発言は 被災者に対する思いやりの気持ちが全くない暴言です
政治家としての力量を云々する以前に 人間としての資質に疑問を持たざるを得ません
こんな人間に もう一度知事をさせることを 都民は選択するのでしょうか
鎌倉は 春の香りに満ちていますね
この五日後に このような悲惨な大震災が起きるなんて だれも予想しなかったでしょう
見方を変えれば この時行っておいて 良かったですね
暫くは この辺りへの旅行は出来ないでしょうから・・・

松ぼっくり792   magamikさんへ   2011/03/24   [ Edit ]

ご丁寧で的を得たコメントをありがとうございます。
magamikさんの聡明さがよく解ります。

車のガソリンが手に入りにくく、外出を控えているし
僕の得意分野である北のエリアが放射線量が多いので
行くことができないとあって、記事の種不足になっています。
当分身近な場所に撮影を絞ったり、30数回アップしている短編小説等
で場を繋ごうかと思っていますが、電車を利用して携帯便利なカメラを
持って南の方に出かけるのもいいかなと考えています。

今回の記事は大地震5日前の横浜や鎌倉の一部の姿で、ほとんど地震の
被害もない地域ですが
小町通りなどは七里が浜からはほど近く、今回並みの大地震が近くで起きたなら
間違いなく壊滅している距離でした。

松ぼっくり793   北斗様へ   2011/03/24   [ Edit ]

コメントありがとうございます。

石原都知事の発言は大目に見たとしても
こうした非常時に言うべきではなく、
北斗様の怒りはごもっともです。
彼は作家の頃はまだ人間が良かったのですが
3期12年も知事を続けるうちに段々自惚れが
強くなってきたようです。
軽い皮肉交じりのコメントなどは見方によっては
小気味よい場合がありますが、
概して毒舌の域を出ず、人を不快にさせています。
都民はもう少し人間をよく見て選ぶべきですね。
都民は寄せ集めのいわば合衆都民で、みーちゃん
はーちゃんが50%とみていいと思います。
あまり政治に関心がなく、自分の意見を
持ち合わせていない人が多く、その場の雰囲気で
選挙に臨んだ結果が同じ欠陥人間を3期も
知事の座に就かせたのだと断言できます。
目が悪くパチクリ眼のおじいちゃんでは
もし大地震で東京が被災した時などに
今回の枝野官房長官の10分の1も対処できないでしょう。

おっしゃるようにこの日のツアーに行っておいて良かった
のかもしれません。大地震後被災地の白河市にある
ツアー会社は殆どの国内ツアーを中止したようです。

鎌倉宮や瑞泉寺は歴史の勉強にはなりましたが
思ったより花が少なく期待外れで
ブログの画像も我ながらあまり冴えわたっていないなあ
と感じています。5日簿の震災を感じ取っていたかも・・・

Sakura794   こんにちは   2011/03/26   [ Edit ]

震災前のご旅行でよかったですね。ガソリンも値上がりしていますし、私も出来るだけ、外出を控えています。先日も笹栗に彼岸詣でに行きましたがJRの利用でした。
鎌倉小町通りを歩くのYouTubeの動画、私のPCでもコマ切れもなくきれいに再生できました。
このテンプレートは改造されたのでしょうね。横幅も広く画像も見ごたえがありますよ。
先日からHPのソースの書き換えをしていますがなかなか捗りません。まだいくつか残っています。似たようなものもありますので整理しようと思っています。
今朝は雨が降っていましたがコメントを書いているうちに日差しも出てきました。暖かくなるといいのですが…。

松ぼっくり795   Sakura先生へ   2011/03/27   [ Edit ]

コメントありがとうございます。

HPの方の書き換えたいへんですね。又、素晴らしいソースを
ご提供していただけるのを楽しみにしております。
このテンプレートはFC2の共有テンプレートで、創ってはいません。
他のテンプレートでHTMLをいじってみましたが
うまくゆきませんでした。僕にはまだHTMLを自由に
こなすだけの力はありません。難かしいですね。一部を替えて
使う事くらいしかできませんね。

この記事は大地震後2回目の記事で、地震の記事ばかりでも前方が
暗過ぎると思いUPしたものです。
大地震5日前の鎌倉を散策している人たちの呑気で穏やかな表情が
今では新鮮に感じます。地震の後だったらもう少し
散策する方の足も速いことでしょう。

ゆみぞう798     2011/03/28   [ Edit ]

鎌倉や横浜を散策したことがないので、新鮮でした。
小町通りは、傘屋さん・オカリナの店・クレープ屋・藍染の店・洒落た飲食店など、
私も訪れていたら、心躍る場所だと感じました。
このような、どこにでもある観光地の日常が、5日後には影を落としてしまいました。
三陸への日帰りバスツアーなども沢山あったでしょうから、
旅行好きな松ぼっくり殿のような方たちの中には、たまたまその日にその場所に居合わせて
大災害に巻き込まれてしまわれた方もおられるでしょうね。。

日々テレビやネットで震災と原発関連のニュースにかじりついている2週間をおくりましたが、
ガソリンが入れられるようになってからも、被害が大きかった近隣(鬼怒川を挟んで東側の地域・・
芳賀・真岡・益子方面)を偵察に行ってみたりなどしていると、
塀や瓦が落ちたり倒壊している建物を多く目にしてきて、
自宅の被害がほぼゼロである有難さをひしひしと感じつつ、
被災地で辛い中じっと耐える人々や救援活動する人々に頭が下がるばかりの毎日です。。

政治の話題としては、なまりが聞き苦しい福島県を代表する大物政治家が、
全くメディアに登場しないことに物凄く違和感を感じています。
自民党時代に原発誘致に相当関わったのではないでしょうか??
政治は宗教同様、あまり自論を振りかざすのは遠慮したいとは思いますが、
石原都知事については、原発で放水作業してきた東京消防庁のハイパーレスキュー隊員が
活動報告会の時に「あの強気の知事が、涙を流しながら
『みなさんの家族や奥さんにすまないと思う。あぁ、もう言葉にできません。
本当にありがとうございました』と何度も何度も深々と頭を下げてねぎらってくれました。
上から物を言うだけの官邸と違って、知事はわれわれのことを理解してくれている。
だから現場にいけるんだ」
と話していたという新聞記事とその時の目頭を押さえながら隊員と共にいる知事の写真を見て、
ピーンと伝わってくるものがありました。
私は、結構くせ者と言われるが実は人間味がある人が好きなので、
石原都知事はそれに当てはまる人物だと感じています。


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/152-c2147ffa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。