那須野の風に乗って

Entry 148   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

那須茶臼岳の遠望



自宅から見て北方に聳える那須茶臼岳がこの日は久しぶりにくっきりと全容を見せていた。
この姿を見て色々の場所からの遠望を撮リたい誘惑にかられて那須温泉へと通じる道を辿った


下のピアノをクリックして下さい。
奏者が動いてBGM開始、再クリックで停止です

<< <


7カ所で撮影、10コマにまとめました。ソースは「ブログの小技」からお借りしました
<
下のサムネイルをクリックして下さい
< < < < < < < < < <


那須岳は茶臼岳(1,915m)、朝日岳(1,896m)、三本槍岳(1,917m)の3峰を総称して言うのが正しいのですが
地元でも一般的にはいつも噴煙を上げている美しい茶臼岳が有名なので、那須岳または那須山の名で呼ばれて
います。 自宅から見えるのはこの山で東京へ行く前の少年時代には噴煙の状態等を見て風向きを確認し天気
を予測したものです。 最近は噴煙の量が子供の頃より少なくなっている気がしますが、活火山なのでいつ噴火
するかわからないそうです。北風の強い冬にそれが起これば自宅も灰をかぶることになるでしょう。


明治の荒涼とした那須野が原に疎水を通す事業が完成してから画期的な発展を遂げた那須塩原地方ですが
市では最初に那珂川から引水した西山崎の地に記念碑を建立して市民の憩いの場として疏水公園を造りました

下の画像をクリックしてください。3枚です
<<


もうひとつのブログ
心の風景


                                                                コメント 投稿ボタンは上部タイトルの下にあります

2011/02/24   地域・歴史    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。