那須野の風に乗って

Entry 114   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

大恐竜展・・・那須野が原博物館

各時代の恐竜復元骨格展示でマニアにも人気
現在もまだ開催中の大恐竜展 ― 陸・海・空の覇者集結 ― は夏休みの子供たちに限らず大人にも好評でした。総展示数135点の
中でも先ず注目されるのは白亜紀の肉食恐竜ティラノサウルスの全身復元骨格です。全長13m、全高4.5mは世界最大級の標本
です。 その他にもジュラ紀を代表するアロサウルスや角竜のトリケラトプス、 翼竜のランフォリンクスを初め恐竜の化石などで、当然
復元されたものですが各年代の代表的な肉食恐竜の骨格を展示し恐竜の進化の過程が理解できるように配慮したものになっていて
同時代に生きた恐竜以外の生物も紹介され当時の自然環境なども分かるように苦心しています。9月12日まで展開催



                                    右下の女性の大きさと見比べてみて下さい


<<
                                         曲は 「悠久の風」
                       






<

数多い展示の中の一部を掲載。 下の小画像をクリックして下さい。 ソースはブログの小技からです











<<<<<<<<<<





          


スライドショーで取り上げたアロサウルスの易しい説明がありました



説明 1


説明 2


説明 3


説明 4


説明 5



2010/09/01   イベント     114TB 0   114Com 4  

Comment

 

松ぼっくり609   ゆみぞうさんへ   2010/09/08   [ Edit ]

コメントありがとう。ほんとに今年の暑さは異常です。
こんな異常さが続けばおっしゃるように人類の滅亡もあり得ますね。

こうした恐竜展を開催するのは非常な労力を要することは
会場で係員からじかに聞きました。何しろ梱包して船で運ぶことから始まって
こちらで組み立てるのですから想像に難くありません。
那須野が原博物館の学芸員も展示に先立って相当勉強したみたいです。

ゆみぞう610   恐い竜~!!   2010/09/07   [ Edit ]

入口から、迫力たっぷりなんですね^^
復元骨格も相当な迫力ですが、化石はまた、実在したそのままの姿を留めているとあって、違った迫るものを感じさせますね。

それにしても、凄い労力と相応の費用を投入して実現される恐竜展、そいった背景を知るにつけ、更に見応えや有難さが増しますね


今年を皮切りに、この先ずっとこんな猛暑が継続するようであれば、いづれ人類が滅んで新たな生物たちが訪れる『人類展』が催される日も、そう遠くはないでしょう

P.S BGM素敵です

松ぼっくり611   北斗様   2010/09/04   [ Edit ]

早々にコメントありがとうございます。
9月というのにこの暑さは一体どうなっているのか信じられません。
完全に体調が狂ってしまいました。ただ食欲だけは旺盛なのが不思議ではありますが。

三畳紀~白亜紀までの恐竜の時代は大型の草食恐竜や肉食恐竜だけでなく
大小様々の生物が共存し、弱肉強食をむき出しにした世界だったのですね。
しかし、弱肉強食は形こそ違い現代にも受け継がれているのではないでしょうか。

ティラノサウルスの骨格を見上げている女性の姿がありますが
ティラノサウルスの大口を開けた中にすっぽり嵌ってしまいますよね。
恐るべき恐竜ですが、スライドショーの最初の草食恐竜カマラサウルスは全長15mで
このティラノサウルスよりも大きかったのですね。こんな生き物がのしのしと
動き回っていたこの時代はほんとうに想像もつかない不気味さだったことでしょう。
しかし、大きいからだけではなく、その他の条件が重なり、恐竜たちは
絶滅してゆくのでした。発掘された骨片の研究で復元ができるのもたいしたものです。
スライドショーの中の栃木県立博物館所蔵の魚竜イクチオサウルスの化石は
復元ではなく発見された現物そのものなので貴重な存在です。

ティラノサウルスやアロサウルスは熊本県天草市立白亜紀資料館から
遥々お借りしてきたもので、分解梱包して船積みにして東京港まで運び
大型トラックで那須まで運んだのだそうです。
組み立てまでの様子は
館内のビデオで紹介されています。群馬県立自然史博物館からの
カマロサウルスもたいへんな苦労をして陸路を分解輸送したようです。

北斗612   こんばんは   2010/09/02   [ Edit ]

大恐竜展は ものすごい迫力ですね
このような恐竜が地球上を走りまわっていた時代は
一体どのようなものだったのか 想像もつきません
恐竜が滅んだのは あまりにも大きい体を維持できなかったという説もあるそうですが・・・
貴重な恐竜展の画像を ありがとうございました


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/114-6e1aef7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。