那須野の風に乗って

Entry 107   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

大岩魚の棲む堰堤・・・山形飯豊玉川への釣り旅



姿も見せず長竿を2本も折った凄い奴が棲息していた
毎年1,2度は訪れる飯豊玉川です。今年は天候が不順なので晴れ間を縫ってやってきましたが
天気がいいと今度は猛烈な暑さです。上流へ行くのに近道をしようと、橋の袂の高い梯子に飛びつき
無理な姿勢で乗り越えたので、腰を痛めてしまい梅花皮荘の温泉に入っても直らず、今もって痛みます
その上、翌日早朝の釣では姿も見せぬ大物に本流竿を2本も折られさんざんな目に合った飯豊玉川でした


<<
<



下の画像を連続クりックして下さい。


<<


堰堤での様子です
飯豊玉川は飯豊山の高峰から流れ出る険峻な渓流の幾つかを併せた流れで、6月いっぱいは雪解け水が
絶えません。 不用意に中洲に入ると午後の気温上昇で水量が増し中州から戻れなくなる恐れがあります。
この日は猛烈な暑さで 釣りどころではなかったのですが この堰堤の落ち込みで29cmの岩魚が釣れたので
味を占めて翌朝早く再度訪れて竿を出すと、 真ん中あたりを少々補修してあった竿は ガツンと来た瞬間に
折れてしまうと深い溜まりに落ちてしまい、 危なくて回収不能。車に戻り予備の竿を持ってきてもう一度竿を
出すと、 滅多にないことですが再び鈎掛かりしたのには驚き。 ところが今度は大物過ぎて姿も見ることもで
きないまま継竿が途中から抜けてしまいました。最初に折れた竿は昨日29cmを釣った竿だったし、2番目の
竿は過去に尺物も上げたことのある竿なのだから、この岩魚が如何に大物であるかが伺い知れる。長竿が
無くなってしまい残念ながら堰堤での釣りはできず、沢に移動して25cmを1尾釣ってから帰途につきました。





大堰堤付近上下流の拡大地図


堰堤の溜まりにはなぜ魚が多く又、大物も棲息するのか
これはあくまでも餌釣り師として私の経験からで餌釣りなら餌の種類、 ルアーやフライ等の釣法によっても
違いがあります。堰堤でも様々で落ち込みが弱く下がコンクリートのままで浅い所には魚が居付きません。
魚が多く大物も棲息する条件はその逆で 激しい落ち込みがあり、 大水の際に上流から落ちた石がかなり
残留し深い淵を形作っていることです。 これは大滝でも同じですが滝の場合は滝にもよりますが釣る場所
が左右、前面と三方向ですが、堰堤では左右のどちらかに限られます。前面からポイントに接近できるよう
な堰堤は浅い所が多く魚はあまり居付きません。 堰堤は釣る位置が堤の上なので高く、長竿で道糸も長く
細いハリスほど鈎掛りが良いので魚が掛かっても引き上げなくてはならず、 魚が大きいと糸が切れる場合
があり、そうした経験をした魚は用心深くなって滅多に釣れなくなり永く生息します。 それが大物化して行く
わけです。 こうした繰り返しが大物を育む原因なのです。 これも釣り人過多の環境には適合されません。



                           


高価な本流竿が2本も無くなってしまい、又、買わなければならないので憂鬱です




2010/07/21       107TB 0   107Com 4  

Comment

 

松ぼっくり578   ゆみぞうさんへ   2010/07/26   [ Edit ]

コメントありがとう。
ほんと腰が痛いのと猛暑とで死にそうです、はちょっとオーバーですが
今年は厳し過ぎる暑さですね。それでも体調の悪い中、市の企画で
植物観察の集いがあり、昨日猛暑の中、鳥野目から那珂川の両河川公園を
3時間も歩きました。腰は何とか持ちましたがさすが疲れましたね。

ゆみぞうさんは昔から渓流魚に対する愛情があり釣りはあまリ賛成ではなかったですよね。
確かに釣られなければ綺麗な水で静かな一生を終えるはずなのに・・・
と思わないではありませんが、釣りの醍醐味を一度経験すると容易には
やめられません。最近は日本でも、フライやルアーを対象にキャッチ&リリースが
盛んになってきましたが、これも考えもので、魚をゲームに利用することの
如何、又一度針掛かりした魚を再放流しても傷口から細菌が入り
80%は死んでゆくそうです。いずれにしてもお魚さんは釣られて
食べられるのが一番極楽往生なのだというヘミングウェイの哲学を指示します。

BGMでのコメント、さすがゆみぞうさんならではの受け取り方で面白いですね。

ゆみぞう579   ♪夢のあとに♪   2010/07/25   [ Edit ]

・・なかなか拝めない貴重な巨大岩魚の顔を暫くまじまじと見つめながら、慎重且つ釣られない術には自信があったに違いない彼の複雑な心境に思いを馳せ、彼らの状況と、その後釣竿を失った松ぼっくり殿の状況がオーバーラップして、BGMの~♪夢のあとに♪~へと、見事に整いましたね素晴らしすぎる

ゆみぞう580   ダブル熱中症   2010/07/24   [ Edit ]

なんだか普段から凄い行脚をされているんだろうな、とお察しします。単独行なので、本当、ダブルで熱中症(熱中しすぎも注意)にはご注意ください。
釣竿は高額でも再購入は可能ですが、命は本当に、代えられないものなので、本当に本当に油断しないでください
家族皆さまにもお伝えください

松ぼっくり581   北斗様へ   2010/07/23   [ Edit ]

多分そうだろうと思いますが、いったん本投稿をした後、付け加えたい箇所があり
編集画面で作業をして完成したのでうっかり「投稿日時を指定」して再投稿してしまい
コメントが消滅してしまいました。ブログアドバンスという有料のサービスを
受けていますので、どのサイトが訪れたかがURLで分かります。確認しましたら
北斗様がお訪ねになっていたのでした。確認もせずにコメントを消してしまう
結果になり、たいへん申し訳ありませんでした。お許し下さい。


P.W.   Secret    

Trackback

http://hro57.blog136.fc2.com/tb.php/107-ec531fd6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。