那須野の風に乗って

2012年07月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

鉢ハスの咲く頃・・・・・花の寺矢板妙道寺


淡黄色で白に近い舞妃蓮など
先ごろ妙道寺住職の奥様から鉢ハス開花の連絡があり早速お邪魔して撮影してきました。
鉢ハスは池がなくても庭先の大鉢でハスを育てることができ、状況によって移動できる利点
があります。手入れはご住職がなさっているとのことですが今年は忙しくて十分な手入れが
できなかったにもかかわらず満開になった蓮は皆立派で、これから開く蕾も沢山ありました。
昨年知りましたが鉢ハスの肥料は煮干しやイカなどの動物性と聞いて驚いたものでした。
以前アメリカのイベントで受賞した舞妃蓮の子供の蓮などが清楚な姿で出迎えてくれました



画像クリックでBGMスタートです。曲は「柔らかな風」
<<<


下側の小画像にマウスオンしてください
<
<
表紙説明
< < < < < < < < < < < <



アメリカで受賞した舞妃蓮の子孫3枚
下の画像上をクリックしてください
<<



関連記事
スポンサーサイト

2012/07/28       269TB 0   269Com 6  

芭蕉と雲巌寺


表題

前回記事にした黒羽ユリ園から 北へ2キロ程の処にあるのが 臨済宗の古刹雲巌寺です。
雲巌寺は大治年間(1126年~1131年)に叟元和尚によって開基され、 1283年(弘安6年)に
時の執権・北条時宗を大檀那(家)とし、高梨勝願法印の寄進で仏国国師により開山された
と言われています。以上のように平安時代から続く歴史の古い禅寺です

  その後 1578年(天正6年)に無住妙徳禅師が住職となった折に 宗派を臨済宗妙心寺派としま
した。建物は1590年(天正18年)の豊臣秀吉の小田原征伐の戦火で焼失しましたが数年後に
再建され、又、その後1847年(弘化4年)に火災に今度は火災に遭ったが1849年(嘉永2年)に
再建されています。 1912年(大正元年)、築 300年以上の仏殿の改築工事が始まり、 1922年
(大正11年)に竣工しました。禅寺独特の寂びた静かなお寺で牡丹など季節の花でも有名です。
今回は少々お硬い記事になりましたが芭蕉と黒羽との繋がりを宣伝も兼ねて紹介しました


<<<
曲は和風素材より 「竹 林」


下方の小画像にマウスオンしてください <
<
表紙説明
< < < < < < < < < < < <



庭園の花の盛期は終わっていましたが僅かに咲いていました



芭蕉と黒羽藩そして雲巌寺
黒羽に行って先ず気付くのは観光スポットを初めどこもかしこも「芭蕉」一色ということです。
それというのも芭蕉が曽良を伴って奥羽行脚の旅に出た折、 その紀行記「奥の細道」の記載
によってこの黒羽に最も長く滞在したことが分かっているからで、俳聖芭蕉を前面に出すことで
観光の振興は基より文化面での市のイメージアップに力を入れているからにほかなりません。

黒羽藩城代家老浄法寺図書高勝(俳号浄法寺桃雪)との絆
芭蕉は元禄2年3月江戸深川の芭蕉庵を後にして弟子の曽良を伴ない奥州へと旅立ちました。
途中、日光東照宮の参拝などを済ませてから 黒羽に到着したのが4月3日(全て旧暦)でした。
当時の黒羽藩は前年、藩主が死亡し4歳の大関増恒が後継となったが幼い為、 代々家老職の
浄法寺家がすべてを取り仕切っていました。 長男の浄法寺桃雪は江戸の頃から芭蕉の弟子で
黒羽に戻ってからも 俳諧を地域に広める活動に熱心であった。 芭蕉はこの浄法寺桃雪の好意
に浴して 4月16日まで浄法寺家をメインに 黒羽に逗留して地元の俳人との交流を深めました。
現在では考えられないような文化がこの北関東にも花開いていたのでした。 元禄時代の江戸の
華やかな芸術の一端が黒羽にもあったのです。 俳人たちの勧めで江戸での俳諧の弟子であり
禅における師であった仏頂和尚の草庵跡を確かめに雲巌寺へ訪れる事になった由縁でした



芭蕉の辿った道
奥の細道コース


旧浄法寺邸
この建物は実際に芭蕉が逗留した建て物ではないが浄法寺家が
代々所有していたもので内部は武家屋敷の雰囲気が顕著である。
現在は大田原市が管理し一般にも公開している。 催し事の一端に
利用されたり、公園になっている敷地には芭蕉の句碑も残されている


浄法寺邸


芭蕉の句と仏頂和尚の歌碑
芭蕉と仏頂禅師の歌碑


芭蕉と仏頂禅師との出会い
元禄時代 、江戸深川に庵を結んでいた松尾芭蕉は門前に大きな芭蕉を植えていたので
芭蕉庵と呼ばれていました。  当時仏頂禅師は常陸の国 鹿島の根本寺の住職でしたが
鹿島神宮との境界争いを幕府に訴えていたが、 その間深川に臨川庵を結んで居ました。
そこが芭蕉庵に近く禅の勉強中だった芭蕉が時折臨川庵を訪れ仏頂禅師の教えを受けて
いたのでした。二人の出逢いはそこからで仏頂禅師も時には芭蕉庵を訪れ俳諧の教えを
受けていたが彼は歌のほうが得意だったようです。臨川庵での禅問答から生まれた名句が 
古池や 蛙とびこむ 水の音 です

根本寺   芭蕉庵跡
常陸の国仏頂禅師が住職だった根本寺(左)と江戸深川芭蕉庵跡。現在は芭蕉稲荷神社になっている


関連記事

2012/07/23   地域・歴史     268TB 0   268Com 10  

里山のユリ園



近くの雲巌寺と共に地元の町興しから発展したユリ園
黒羽は芭蕉が奥の細道探訪の途上、最も長く逗留した地として日本文学史上有名で
それというのも黒羽ユリ園のすぐ近くにある禅宗の古刹雲巌寺訪問の予定があった為です。
雲巌寺には亡き旧友仏頂和尚の修行の場だった草庵があり、その跡を確かめるためでした。
仏頂和尚は江戸在住時、芭蕉庵での芭蕉の禅の師であり、俳諧では弟子という間柄でした。
これに関しては次回に詳しく述べますが、そうした環境の中で地元の有志によって町興しとして
始められたユリの栽培が年ごとに発展し今では近県からも多くの人が訪れるまでになりました



黒羽ユリ園周辺の環境
地番変更で現在は黒羽町ではなく大田原市須 佐木1555番地です
黒羽ユリ園周辺


BGMは フォーレの「シシリアーノ」・・・軟らかい曲で日替わり
<<<
花の首飾り → 初恋の人 → 瑠璃色の地球 → シシリアーノ


雲巌寺近くのユリ園は長閑な里山の中にあります
品種名は覚えられそうもありませんが表示があったので載せました
下のサムネイルにマウスオンしてください。アニメ2枚が幾つか含まれています

<
<
トケイソウ
< < < < < < < < < < <




当日購入してきたユリ ( 左はアルプフェイラ、 右がジャッジドアップ )

購入したユリ


ユリの品種について
ユリと言っても野生種と園芸種他等によって何種かが挙げられていますが専門的で難解です。
品種に関しては園芸種に人気があり、主に洋ユリの品種改良によって数が増え続けています。
ネットでちょっと見ただけでも100種もあって、葉や花弁の形状、茎の長短、茎への葉の付き方
等が微妙に違っても一品種で、花弁の色も絶対的に違う種類でない限り同品種でも個体により
違いがあり判別しにくい。どんな花でもそうですが単純に楽しむのが最高かもしれませんね




関連記事

2012/07/14       267TB 0   267Com 8  

沼ッ原湿原を歩く



毎年恒例の市の沼ッ原植物観察会
市の恒例の催しで3度目の参加でした。毎年天候の違いから湿原の様子が異なり新しい発見があります。
総勢30名の参加者で三つの班に分かれて行動するのはいつもの通りで、班ごとに講師が一人付きます。
ボクは2班でしたが担当の講師は性でした。 臨時参加の環境ボランティアの方がサポートしていたので
いつもの年より説明にも念が入り進行が遅くなったので、沼を一周する時間が無くなってしまう程でした。
今年は準寒冷地のここでも花の開花が2週間程度遅れていてニッコウキスゲ等はまだ2分咲きくらいでした



<<<


下の画像上を連続クリックしてください。12枚です

<<>
<沼ッ原遠望 電源開発(株)の調整池から。雲を被った山は会津との境の三倉山と会津側の大倉山>


同じニッコウキスゲでも個体によって違いがあります。沼ッ原でもそうでした
下の画像クリックで3種の例が表示されます

<<




天皇家と那須 ( 沼ッ原や那須岳など )
大正15年に那須御用邸が建てられてから那須と皇室とは深い絆で結ばれたのでした。植物学者であった
昭和天皇は春と夏、そして初秋には必ずと言ってよいほど那須を訪れ、沼ッ原に行かれては植物の研究に
励まれていたのでした。那須は南北の接点で植物の種類が非常に多く学術的関心も高かったのでしょう。
沼ッ原ではトイレや休憩の関係から電源開発(株)の施設を借用していたようです。その際に通られた道を
市の観察会に限り特別に解放してくれます。上のアヤメの画像はその道端での撮影です。

登山が好きな皇太子ご夫妻も那須を愛し度々御用邸に滞在されて茶臼岳などの登山を楽しまれています。
おかげ様で那須岳の登山道が以前より綺麗に整備され登り易くなったと喜ぶ人たちも多く見受けられます。
近隣の農家を訪問されて地元民との親睦を深められているのも昭和天皇の頃から続けられている伝統です

下の画像は昭和天皇も歩かれた調整池畔からの眺めです。
普段一般人は立ち入りが禁止なので調整池反対側の草むらは野草の宝庫です






関連記事

2012/07/07   未分類     266TB 0   266Com 10  

野菜の花・・・我が家の菜園で

.


我が家の菜園はかなり広い規模なので纏めるのも容易ではなく乱雑に耕作していますが
農薬や除草剤等は一切使用していません。いわゆる有機栽培ですが物によっては形は
あまり良くありません。しかし、味に変わりがあるわけでもなく、花も綺麗に咲きました


<<<


アジサイが遅れて咲き
そして
菜園では野菜の花が元気な姿を見せています



下の小画像にマウスオンです



関連記事

2012/07/03   未分類     265TB 0   265Com 6  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。