那須野の風に乗って

2012年06月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

梅雨の晴れ間に・・・那須野が原公園



今のところ台風4号の去った後は 梅雨といってもそれほど雨も降らず 日中は暑くても夕方には
寒く感じるほど寒暖の差が大きい。関東北部の山沿い特有の気候だ。そうした折サイクリングを
兼ね近くの那須野が原公園を訪ずれた。この公園は花の数はそう多くはなく案内も皆無だが花木
に関しては所々に名前が掲示してある。何故か見たこともないような樹木には何の案内もない。
自分の無知のためとだと思いながら園内を歩く。日曜日で家族連れの寛ぐ様子が目立つ。

公園管理事務所の展示室では水彩画愛好会の絵の展示が行われていたので覗いてみた。
淡いタッチで描かれた水彩画は梅雨の時季には良く似合っているように感じられた



<<<


散策の途中出逢った花たちの一部です。キンシバイやセージ、カラスノエンドウ等綺麗でした
下のサムネイルにマウスオンしてください
<
<
トケイソウ
< < < < < < < < < <







展示室の水彩画展の一部
水彩画愛好者が持ち寄った水彩画は100点くらいありましたがそれぞれ力作でした。
何点か写真に撮りましたが 絵がガラスで保護されているため窓の光が写しこまれて
使い物にならないので画像処理で原画を損なわないように光の部分を塗りつぶしました。


風 景 画 Ⅰ



風 景 画 Ⅱ



静 物 画




関連記事
スポンサーサイト

2012/06/28   風景     264TB 0   264Com 6  

渓流の女王ヤマメ



日光の渓流釣り
ヤマメは山女、山女魚とも表記されます。何故女の字が当てられたかは不明ですが体側面の
楕円状の美しい模様からかもしれません。渓流の中流域から上流のイワナとの混生域にまで
棲息し下流では滅多に見られませんが、時には大物が釣れたりします。今回鬼怒川で釣った
30㎝弱のヤマメは野生化したもので、数が釣れた放流ものと比べ引きが強烈でした


渓流表題


鬼怒川本流 花の宿松屋前



鬼怒川支流男鹿川 不動の滝



男鹿川支流芹沢上流の滝




この日に釣れた鬼怒川本流の大ヤマメと芹沢での釣果

このヤマメは尺(30㎝)に僅かに及ばなかった大物で
このサイズになると体側面の楕円状のマークが消える。
画像マウスオン・アウトで2枚です




この日の2日後芹沢で釣った野生化したイワナ (内臓摘出済み)
真ん中の大型イワナに顕著な腹部の黄色が野生化して渓流に居付いた証です



同じサケ科のヤマメとイワナの比較



ヤマメもイワナも元はサケと同じように海で成長し河川に遡上して産卵していました。しかし、古代の地殻の変動で
陸地が隆起した事で陸の渓流に閉じ込められたのがイワナです。ヤマメは中流域に遡上していたので完全に陸地
に閉じこめられず、現代になっても渓流から海に降りて成長し戻るという過程を繰り返しています。 それを降海型と
言っています。 その代表が岐阜の吉田川などに見られるサツキマスです。 イワナも東北の海岸等では見られます



2012/06/23   アウトドア     263TB 0   263Com 12  

日光の青いケシ・・・上三依水生植物園の花々



ここは市町村合併前は鬼怒川と同じ藤原町であった。栃木県でも日光に次ぐ寒冷地で春の訪れも遅い。
しかし、ひと度花が咲くと澄んだ美しい姿を見せる。昨年天候不順でv咲かなかったヒマラヤの青いケシも
今頃になって開花し、待ち受けた人々で平日も賑わった。ブログ等ではすでに六甲の青イケシも紹介されて
綺麗な写真も味わい済みですが関東北部に咲くヒマラヤの青いケシも他の花と一緒にご覧ください



水生植物園入口



BGM 画像クリック
<<<



ヒマラヤの青いケシ (画像クリックで3枚です)

<<


他のコーナーで

他コーナーで



 園内に咲く花の一部
下方のサムネイルにマウスオンしてください (アニメ2枚多用)
<
<
トケイソウ
< < < < < < < < < <



園内の様子の3コマ

園内の様子





イングリッシュローズやフレンチローズ、H.ガーデン初夏の花々など
下の goo ブログに掲載してあります。お暇を見てどうぞ
那須野だより



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



6月17日 父の日のプレゼントありがとう

父の日のプレゼント


関連記事

2012/06/17   未分類     261TB 0   261Com 10  

英・仏のバラ・・・那須ヒロガーデンにて



いつも写真を撮らせて貰っているヒロガーデンでイングリッシュローズやフレンチローズが
綺麗に咲き揃ったというので出掛けてきました。久し振りにデジブックに纏めてみました。
数100種もあるバラの種類は他の花と比べてもダントツに多種で名前の案内がなければ
到底見分けはつきません。そんな中から少しばかり抜粋しました。短いデジブックです





<



この記事の後は編集中だった上三依水生植物園の花々をアップします


関連記事

2012/06/15   未分類     262TB 0   262Com 2  

グリーンパラダイス 矢ノ原湿原の6月



福島県奥会津昭和村にある矢ノ原湿原
6月の矢ノ原湿原を訪れたのは5年ぶりです。以前の時に咲いていた花が若干見えませんでしたが
県の自然保護地区に指定されているので開発は行われていないため殆ど同じ姿を保っていました。
早朝に到着し、長年汲み続けている代官清水をボトル数本に汲み終えてから湿原を一周しました。
どこもかしこも緑が広がり豊かなオゾンを心ゆくまで満喫しての散策でした。






<<


下の画像上を連続クリックしてください。13枚あります

<<>
<画像1の説明>

散策で見つけた幾つか花
下の小画像にマウスオンです

<
<
< < < < < < < < < <



この日湿原の散策で出逢ったその他の花たち ( タニウツギは重複 )

矢ノ原湿原の花々


森の木漏れ日の変化3様 ( トチノキの幼木 )

木漏れ日の変化で


矢ノ原湿原の案内板
日本で2番目に古い湿原とありますが、因みに一番古い湿原は何処かと言えば
10万年前二形成された長野県の飯綱東高原にある逆谷地湿原だそうです


湿原の案内板

古い湿原だけに沼の生物に関する巨大魚伝説などもあります。それが大鯉や大イワナだったりしますが
事実散策途中で沼の方角から何度も大きな水音が聞こえてきました




代官清水と源兵衛清水


代官清水案内板



代官清水と源兵衛清水  ともに古くからの伝説があります
画像マウスオン・アウトです





この地は明治維新の際の戊辰戦争で会津軍と薩長軍が対峙した激戦地でした。
会津軍はゲリラ戦術で激しく抵抗しましたが、その甲斐なく破れて撤退しています。
討ち死した野村新平は地元出身の会津軍の戦士でした


古戦場跡


関連記事

2012/06/09   未分類     260TB 0   260Com 8  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。