那須野の風に乗って

2012年01月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

大型店舗の時代



                  国道沿いや郊外の超大型店舗と街のスーパーなど

最近は全国的に大型のスーパー店舗が続々と出現し各都市の郊外に広大な敷地を獲得し広い駐車場を有して主に
若い層の集客に成功している。那須塩原市でも超大型スーパーを含め大型店舗に分類される店を加えると100余にも
なる。これでは到底町の商店は昔のような商売が成り立たず営業を停止せざるを得ない。ほんとに可哀想だと思う。
こうした現象に全く歯止めが決かなかった国の政策にも疑問がある。いくら自由競争の時代であってもこうした大資本を
バックにした大型店には町の小さな商店では太刀打ちできないであろう。

ただ、例外的に地域の商店街が智恵を出し合って集客に努力し、人気のある商店街も幾つかはあるようだが、それを
全てに当てはめるのも酷な事と言わざるを得ない。つつましやかに生きる零細商店にとって難しい時代だと思う。






那須塩原市の郊外にある超大型店を2,3取り上げてみました。
先ずイオンスーパーセンター、ビバホーム、そして110以上の店が集結し、超大型店舗と言っても差支えない
那須ガーデンアウトレットです。 あまりにも広い規模で帰りに何処に車を停めたのか分からなくなってしまった
くらいです。以前の商店主などから見れば考えられない光景でしょう。時代が変われば変わるものです。
アウトレットでは訪れたのが日曜日のせいか殆どが30~40代の子供連れで、お年寄りは1割程度でした

                    イオンスーパーセンター那須塩原店





                         ビバホーム那須塩原店




                        広大な那須ガーデンアウトレット









                  那須ガーデンンアウトレットとイオンタウン
                   下方の画像番号をクリックしてください


モール周囲には水の流れを配している



    人気のロコマーケットの様子を動画にしました。撮影禁止もブログ掲載なら0Kということでした




大型店舗存続の背景
この地区にはこうした大規模店舗が乱立しているのに、各々の営業が成り立ち、結構収益を上げている?のは
何故だろうかと考えると、当初原因が分からなかったのですが、ある時那須全域の住宅分布図を見ていましたら
いまだにやたらに大きな空き地が多いことに気付きました。平成に入って急激に増えた工業団地はこうした空き
地を買収して成り立ってきたのでしょうね。それでもまだ余裕があるくらいに昔からこの地は広大なのです。

明治になって荒野だった那須野が原の開発が進み人が住めるようになったのでした。そこに進出した工業団地
には一流の企業を初めその下請けの部品メーカーを合計すると大規模店舗とほぼ変わらない数にのぼります。
従がって従業員も地元に加えて引っ越してきた各地の社員・家族を合わせると相当な人数になります。
かといって人口が増えないのは 一時的な出向社員も多い事です。しかし、 一時的でも人は沢山集まるわけで
皆車を保有する働き盛りの30,40代の人が多く、各大型店とも十分集客の対象となるわけです



関連記事
スポンサーサイト

2012/01/31   エッセイ     224TB 0   224Com 8  

冬の湧水公園



那須と言っても里山の平坦地にある我が家の辺りは今のところ雪は度々降っても
積もることがなく、日中には解けてしまいます。そんな2月のある日習慣になっている
飲み水の清水が残り少なくなったので、いつもの湧水公園に汲みに出かけました。

近道は峠越えで、中腹だから雪は無いだろうと思って車を乗り入れました。処がどうして
峠路の頂上付近に来ると路傍の積雪が目立ってきた。不安を覚えながらも進んで行くと
頂上の分岐点から左の目的地への路は日陰になり、下の写真のような凍結路が2km近くも
続いていた。スタッドレスタイヤは履いてはいたが凍結路にはそれ程の効果がありません。

退き返そうかとも思ったが、折角ここまで来たのだからと超ノロノロ運転で無事に通過は
できたのですが、その間、他の車は1台も通らず坂や崖もある凍結路は緊張の連続でした。







<<<


下の画像クリックで12枚です

<<>
<抜けるような冬晴れだが気温は低い>



初めて利用するが Windows Live ムービーメーカーを使って自動スライド12枚を
YouTubeにアップロードしました。ソースで見られない方のため重複させました。
フルウィンドウでも見られますが少々画像が劣化するのでこのサイズでご覧下さい


画像順に(ダム湖に架かる橋。山は剣ヶ峰。左鬼怒川、右宇都宮)(ダム湖の風景)および
(水汲み風景や立入り禁止区域の覗き窓と画像)(湧水公園の池周辺の林4枚)(公園のベンチ)等




帰途は危険な峠越えを避けて、回り道になりましたが
安全な町中の街道を選んで戻りました






関連記事

2012/01/26   風景     223TB 0   223Com 12  

冬花の展示コーナーにて



花ブログではないのにこれで3回連続花の記事になりました。それというのも「ろまんちっく村」では
たまにしか来られなので季節限定の花を多数撮影したので、 分けて載せる事になったためです。
今回は同じローズハット内でも温室から離れた場所にある冬花の展示コーナーからです



<<<


下の画像を連続クリックしてください (12枚)

<<>
<ローズハット内には熱帯温室、イベントホール、常設草花展示コーナー等があります>



この花の名前が分かりません。お分かりの方は教えて下さい


magamik さんからのコメントにより 「カネノナルキ」と分かりました。ありがとうございました


                                           


私のもうひとつのブログ
短詩形文化論や落語、感動した映画の話
気ままに行こうか



関連記事

2012/01/20       222TB 0   222Com 8  

熱帯の花々・・・ろまんちっく村



ローズハット内熱帯温室にて
乾燥した冬の屋外から熱帯温室に入るとすぐに湿度の高さが感じられ
やがて心地よくなってきます。バッグ内のカメラを温度と湿度に馴染ませた後
熱帯の花々を撮り始めました。カリアンドラは前記事で載せましたので今回は
主に他の花々をデジブックにまとめました。画像数は少ない作品です



下の画像クリックでBGMスタート、再クリックで停止です
ここで聴くことができない場合は左下の再生ボタンを押してくだし

<<




デジブックにはない画像
ハナキリンとアングロニアン・サリーカリフォリア






熱帯温室のいくつかの花を短いデジブックに纏めました。
スライドショー替りにご覧ください。BGMなしです












  
関連記事

2012/01/16       221TB 0   221Com 10  

カリアンドラの咲く熱帯温室



毎年この季節になると宇都宮のろまんちっく村ローズハット内の熱帯温室では
カリアンドラの花が開きます。咲いている期間が約1ヶ月なのでいつも丁度良い
時期を問い合わせてから観に行きます。 今年も紅白の花が新年の門出を祝う
かのように出迎えてくれました。 他にも落語寄席や花の展示会もありました。
今回はカリアンドラと寄席の様子を記事にしました。他の熱帯の花々は次回です


癒しのピアノ曲





ローズハット内の温室にて
カリアンドラはブラジルが原産です。 高さは2メートル前後になります。 葉は「シダ」に似て
羽状複葉です。葉腋にピンクのパウダーパフのような花を 咲かせます。花状に見えるのは
長い
雄しべです。 マメ科で、ネムノキを赤くしたような姿から ヒネムとかベニゴウカン等の
別名があります。 当記事のような白い花も咲きます。 本当の花は小さくて目立ちません。
分布は北米南部・南米・マダカスカル・西インド諸島等で、日本では温室でしか育ちません






自動スライド2枚











こうして何気なく載せている温室での写真ですが実は撮影がたいへんなのです。
何故かというと寒い屋外から温室に入るとレンズは曇ってしまいますし、 カメラも
表面が濡れた様になります。カメラ内部にも結露の悪影響があるので日頃大切に
しているカメラは使用しません。撮影時は30分位バックの中にカメラを入れたまま
温室内を観て回り室内の温度に馴らさないとレンズの曇りでピンボケになります



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


寄 席

お正月の特別イベントとして「ろまんちっく村」が東京から落語家を招きました。
金原亭馬吉という平成12年に11代金原亭馬生の門下に入った若手落語家です。
午前中の演目から語りの時間が適当だった「ざる屋」を掲載してみました





関連記事

2012/01/12       220TB 0   220Com 11  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。