那須野の風に乗って

2011年10月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

男鹿川沿いの紅葉と黄葉



度々記事にしている日光上三依の水生植物園の傍らを流れる男鹿川は
水辺の紅葉が美しい穴場的存在ですが、 公園に問い合わせると今年は
いつもの年より紅葉が綺麗ではないが、今でないと終わってしまうという
ので訪れてみました。やはり紅く染まる前に枯れている葉もありました。
時季が早いのか過ぎてしまったのか判断に迷うような紅葉でした

「いろは坂」 のように綺麗ではないようですが、折角来たのだからと
周辺を歩いてみました。  居合わせた人の話では夏台風の塩害との事。
鮮やかな真紅の紅葉はありませんが一部危険な場所で撮影しています






下の画像上を連続クリックしてください。16枚ですが
クリックの速さで画像切り替えスピードが調整できます
<<>
<男鹿川沿い 1  全般的に真紅の紅葉は少なかった>



比較的紅葉が良く撮れた3画像
ここも画像上クリックです

<<



男鹿川流域の範囲




関連記事
スポンサーサイト

2011/10/31   未分類     204TB 0   204Com 12  

巻狩まつり


2011 那須野巻狩まつり事情
那須野巻狩まつりは鎌倉時代に源頼朝がこの地において大規模な軍勢を繰り出して巻狩りを行った
史実から生まれたお祭りです。 しかし、 起こりは最近で 平成6年に頼朝が巻狩りを行ってから丁度
800年に当たるのを記念して企画された催しが始ままりです。今年で17年目になります。

この地区にイベント的な祭りがやたら多いのは、 この地が明治維新後、急速に発展した場所なので
東北や関西地域のように古い歴史の中から生まれた大きな祭りは皆無なため、 各自治体は町興し
の手段として歴史や伝説を基にした祭りを寺社に遠慮することなく起こすことができるからです。

那須野巻狩まつりにしても源頼朝がこの那須野で巻狩りを行ったという記録は「曽我物語」に数行
あるだけで詳細が記述されているわけではありません。ただ、当時の信頼がおけると思われる
「吾妻鏡」という歴史書に那須与一に絡む記述があり、それから類推できる点もあるようです。



お祭りの催しはあまりにも多彩で載せたのはほんの一部です
下の画像上を連続クリックしてください
お急ぎの方はクリックの速度を速くするとすぐ終わります
(16枚+2枚)

<<>
<雲は多かったが午後は晴れ間もあった>



大震災被災地の陸前高田市の復興を応援しお祭りに招待しました
高田市からは氷上太鼓の保存チームが訪れ勇壮な氷上太鼓の演奏を
数曲披露してくれました。ここではその中から「トライ」を載せました。
「トライ」は和太鼓では珍しい3拍子に挑戦 (トライ)した事から名付けたとのこと





お祭りの中盤を飾る巻狩踊りが今年も行われ、10数チームが参加し
共に技を競いました。優勝チームには賞金5万円と楯が贈られますが
どのチームが優勝したかは不明です。下の武家女人衣装のチームかも





那須野巻狩踊り
一生懸命踊る人、いい加減な人、巧拙こもごもですがみんな楽しんでいる様子


後日役場観光課に問い合わせましたら優勝チームは「仲良し会」ということで
再生開始直後の右端に映っているブルー衣装のチームかもしれません



頼朝と那須の関係
曽我物語の記載通りに頼朝が那須野において大規模な巻狩を行った事が事実なら
考えられることは北の脅威に対する示威活動であると思われます。当時、奥州では
藤原氏が強大な勢力を誇示していて鎌倉幕府も無視できなかったようで、 巻狩りに
名を借りて多数の軍勢を繰り出し軍事演習を兼ねた狩猟を繰り広げたのではないか
というのが定説になっています。その後義経を匿った事が起因して藤原氏は頼朝に
よって滅ぼされている。 又、頼朝の警戒は常陸国佐竹氏にも向けられていました。
那須は白河の関のすぐ手前で関東と奥州との境界線であることにご注目ください



巻狩りショーの他の動画は
下のブログ↓ にあります
気ままに行こうか



関連記事

2011/10/27   未分類     203TB 0   203Com 10  

紅葉はまだ先・・・放射線量が高い那須野が原公園



この辺は比較的紅葉は遅く11月に入らないと綺麗に色付かない。
今年は福島原発事故のホットスポットで線量が高いが、それはあまり
気にせず、ある日の午後、人影疎らな公園にマウンテンバイクで訪れた


BGM:Autumn Emotions - RAUL DI BLASIO
秋・・・哀愁



RAUL DI BLASIOは南米アルゼンチン出身のピアニスト
<
<
赤松林の散歩道
< < < < < < < < < <


少しばかり色づいて




終焉近い紫陽花がうなだれた姿で残っていた




公園の奥まった森の中に不気味に被覆された小山があり、立入りが禁止されている
箇所があった。それは除染のために表面を取り除いた腐葉土や砂利であった




那須野が原公園は殆どが自然林を利用して造られています。植樹は僅かで
そうした豊かな環境が今回の福島原発事故でホットスポット地域になってしまい
多大な影響を受けたのは残念です。東電上層部の猛省を更に促したいと思います



関連記事

2011/10/22   未分類     202TB 0   202Com 10  

櫻山八幡宮宵祭・・・飛騨の旅 Ⅱ



秋の高山祭(八幡祭)は、櫻山八幡宮の例祭で10月9日、10日の二日間開催されます。
今回のツアーの目的「宵祭」は10月9日の行事のみに限られるので人気があるようです。
高山祭は、祇園祭(京都府京都市) 、秩父夜祭(埼玉県秩父市) と並んで日本三大美祭
とされ、国指定の重要有形 ・ 無形民俗文化財にも指定されています。高山祭の起源は
16世紀後半から17世紀に遡るそうで古い歴史を誇る伝統的なお祭りなのですね。
 
昼間は各屋台の精緻な彫刻や見事な装飾を楽しみ、夜は幻想的な屋台の姿容に導かれ
3ヵ所ばかり無理に移動したので後半は狭い路地に立ってしまい暗い部分が多い屋台と
物凄い人波で思うような撮影はできませんでした。 とにかく 人出が並みではありません









現地のパンフレットから各屋台の姿を載せました

宵の町中を巡った後、屋台は各町の保有する屋台蔵へと帰って行きます


提灯の点いた屋台もいいが宵祭り前の八幡宮表参道に集結して出陣準備をしている屋台も
味があると添乗員が言うので、 夕方の各屋台の様子を撮ってみました。かんじんの宵祭の
屋台は青森のねぶた祭り等とは違って暗い部分が多く写真は上手く撮れませんでした
下の小画像をクリックしてください
<
集結していた屋台の提灯が一斉に点灯した
< < < < < < < < < <



午後5時頃の宵祭り提灯点灯前の桜山八幡宮表参道に集結した
屋台10台の一部と出陣準備に余念のない様子を撮ってみました。
各屋台の名前を表す提灯の由緒ある台紋にご注目ください。
夕暮れなので一部薄暗い映像になっていますがご容赦ください





高山市櫻山八幡宮周辺地図




宵祭露天の賑わいの様子は
下のブログ↓ にあります
気ままに行こうか



関連記事

2011/10/17   未分類     201TB 0   201Com 16  

白川郷にて・・・飛騨の旅 Ⅰ



福島県白河市のツアー会社での旅でしたから、福島・新潟・富山・岐阜と四県を通っての
行程となりました。磐越道から北陸道を途中食事や休憩を入れて7時間もかけ目的地に
着きましたが、飛騨高山手前の白川郷に立寄り世界文化遺産の合掌造りを見学しました



<<<


ツアーの目的は高山の宵祭りなので途中白川郷の散策が予定されていたのですが
時間が1時間しかないため、観光スポットの萩城址の展望台へはシャトルバス利用で
急行し帰りは徒歩20分くらいと添乗員が言うので、 写真など撮って30分弱の余裕で
徒歩で戻り始めましたが遠いのなんの、指定時間に5分も遅れてしまいました。
添乗員が心配して那須の自宅に電話があって僕の携帯番号を聞かれたたそうです。
そんな苦労をして撮った写真も数は少なく集落も靄っていて画像は満足できません





萩城址展望台から撮った合掌造り集落の写真は有名ですが今回の僕の写真と
google のフリーサイト画像の雪景色では断然後者のほうが面白い写真です。
居合わせたカメラマンが言うには雪が降ると瓦やトタン屋根が消え合掌造りのみが
浮かび上がって美しい風景をかもし出すそうです。雪の止んだ早朝などは幻想的とか


今回僕が撮った写真 (一部 トリミング)
天気が良すぎても靄がかかると現地の観光カメラマンが言っていました





Google Images のほぼ同アングルでの雪景色




萩城址展望台から見た合掌造り集落の風景と帰途の3枚
下の小画像にマウスオンしてください


<>
<休日を楽しむ人で賑わっていました>
<<<<<<>
>

関連記事

2011/10/13   未分類     199TB 0   199Com 10  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。