那須野の風に乗って

2011年05月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

古刹に咲くぼたん・・・・・塩原妙雲寺


妙雲寺のぼたん園
塩原妙雲寺は今から800年前の源平の合戦で敗れた平重盛の妹・妙雲禅尼が塩原に
落ちて来て草庵を構え平重盛の念持仏・釈迦牟尼仏を安置したことが始まりです。その後
幾多の変遷を経て現在に至る臨済宗の古刹です。信仰の場でもありますが塩原温泉の観光
スポットして有名で5月中旬過ぎからのぼたん園は非常な人気で訪れる人々で連日賑わいます。
牡丹は100種以上もあるようです。ここでは種類の案内は全くありませんが3000株が咲き誇ります



<<<
                               曲はイタリアの作曲家モッツァーニの 「ラリアーノ祭」


画像上連続クリックしてください
ソースはSakura先生からお借りしました


<<>
<ぼたん園は入って右手本堂奥にあります>



妙雲寺墓地のぼたん見て歩き
庭園の牡丹はスライドショーでだいたい紹介しましたので
墓地に展開する数々の牡丹の様子は動画でアップしてみました。
7分30秒と長いので後半にスクロールさせると綺麗な牡丹もあります。
コマーシャルが出ましたら右側の×で消去してください



                                          曲は : Alchemy  アーティストは Phil Thoruton


お寺にはどうして牡丹が多いのでしょう ?
お寺には何故牡丹の植えられている処が多いのか、先頃の当ブログでのコメントで
疑問を持っておられた方がありました。色々調べましたが 確たる事は不明でした。
考えるに
牡丹の原産国は中国で、古く唐の時代に皇妃、馬頭夫人が観音様の霊験を得た御
礼に牡丹の花を献木したのが始まりと言われている事から それが日本に伝承され
縁起を重んじる寺院がこぞって牡丹を植栽したことからきているのかもしれません。
奈良の長谷寺には150種7000株の牡丹が咲く庭があるそうで壮観な事でしょうね。
妙雲寺の牡丹は地元有志の「ぼたんを育てる会」により 維持管理がなされています




                                              コメント 投稿ボタンは上部タイトルの下にあります


関連記事
スポンサーサイト

2011/05/30   イベント    

長峰公園のツツジ



前の記事で立ち寄った妙道寺から車で南へ5分の処にあるのが 長峰公園です。桜を初め季節の花々が咲
く県北ではよく知られた公園です。ツツジも公園の丘の斜面や散策路沿いに数万本が植えられていて桜が
終わった後の公園を華やかに彩ります。好天に恵まれた公園の散策は初夏の風が吹き快適そのもの。
ツツジは一部は時期が過ぎていましたが、まだ蕾の種類も残っていてこれからも楽しめそうでした。



<<<
                       曲はmina様オリジナル : つつじの娘


ソースはSakura先生の右側サムネイルマウスオンです
<
<日本の都市公園100選の一つです
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<


この公園では親切に四種のツツジの案内があり
各々のコーナーに分けて植栽されていました


ヒラドツツジ
画像マウスオンで2枚です
<


ヨドガワツツジ
画像マウスオンで2枚です
<


レンゲツツジ
画像にマウスオンで2枚です
<
レンゲツツジには有害成分があり、それを本能的に分かる牛や馬が食べないので高原の放牧地等では
自然に繁殖して群落を形成している。その代表例が以前このブログでも掲載した那須八幡(やはた)である


クルメツツジ
画像マウスオンで2枚です
<


クルメツツジの色三種
自動スライド3枚です。500kB内に納めるため画質を落としています



その他の画像です
オオデマリの拡大画像と公園花の会の存在を示す掲示。画像マウスオンです
<


もうひとつのブログ
気ままに行こうか

( 今回は居眠り運転考察と新デジブックに居付きの鴨さん動画 )


関連記事

2011/05/25   風景    

藤と牡丹の咲く庭園・・・矢板妙道寺


妙道寺では枝垂れ桜でお世話になりました。5月になって藤が綺麗に咲いているとのことで
風の穏やかな日を選んで見物がてら撮影に出かけました。藤は丁度満開で藤棚に近づくと
芳香が辺りに漂っていました。 藤の香りと雅を堪能した後、 山門内の庭園に入ると牡丹が
綺麗に咲いていましたので散策をしながら撮影させていただきました。


下の画像をクリックしてください。別画像が出てBGMスタート、再クリックで停止します
音量は低めに設定してあります

<<<


下の小画像をクリックしてください。説明は画像番号のみです    <
< < < < < < < < < <



縦 画 像 2 枚




牡 丹
牡丹と庭園の様子。マウスオンで各2枚です

<


マウスオンで2枚
<


庭園の一部です.画像クリックで3枚
<<



                                                          コメント 投稿ボタンは上部タイトルの下にあります



関連記事

2011/05/19      

清冽な湧水の恵み・・・尚仁沢と東荒川ダム湖


尚仁沢湧水公園とダム湖から県民の森へ
福島第一原子力発電所の障害で飲み水に不安を感じている周辺の県からは
尚仁沢までわざわざ湧水を汲みに来ている方が多くなりました。画像の手前の方は
茨城県の筑波学園都市から来たと言っていました。ペットボトルやポリタンクに熱心に
清水を汲む姿は真剣そのものでした。水の貴重さが再認識された昨今の姿ではあります





湧水汲み場のすぐ近くにあるのが東荒川ダム湖で、尚仁沢も流入する渓流のひとつです。
静かな湖で四季折々の景観が目を楽しませてくれる処です





高原道路から県民の森の約50%を見渡す。
 杉の植林外の新緑の部分はブナやミズナラの原生林です。
内部には渓流が幾条も流れ、林道が入り組んでいて迷ってしまう程です






湧水公園の様子や県民の森は動画とデジブックに纏めました。
それほど長くはありませんのでお暇を見てご覧ください




尚仁沢湧水を汲む人たち。手前の方は茨城県つくば市から来たということです
伏流水の安全さが人気の的。 (AF設定ミスで画質が良くありません)



                  YouTubeのBGMはデジブックなどとは違い各ジャンル全部でで300曲
                 くらい用意されており、そこから選びますが全て英文なので苦労します。


湧水公園の池で蛙の声を聞いたので短い動画にしました





                                                          コメント 投稿ボタンは上部タイトルの下にあります


関連記事

2011/05/13   地域・歴史    

那珂川の空に泳ぐ


がんばろう!日本の男の子
板室温泉では 毎年5月になると那珂川を跨ぐ2連の鯉のぼり100旒(りゅう)を揚げて
男の子の健勝をを祈願しています。それを楽しみに訪れる人もいるくらいで大規模では
ありませんが心をこめた取組みが歓迎されています。今年はそれに加え東日本大震災
復興のスローガンである『がんばろう!日本』の幟が立ち、新たなテーマとなりました



<<<


下の画像を連続クリックしてください。16枚です

<<>
<>
<                                            ★ 鯉のぼりの正しい数え方は1旒(りゅう)、2旒・・・とのこと。
                                  詳しい方に教えていただきました



スライドショーと重複しますが動画にしてみました
約7分30秒と長いので、お暇な方はご覧ください




もうひとつのブログ
気ままに行こう

( 今回はウサマ・ビンラデイン暗殺、アラバマ州大竜巻の動画 )


関連記事

2011/05/09   風景    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。