那須野の風に乗って

2010年11月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

那珂市探訪 Ⅲ ・・・ 曲がり屋と那珂湊

曲がり屋見学の後、那珂湊魚市場へ

那珂市の額田で江戸時代末期の寺門家の曲がり屋を見学しました。寺門家は父水戸斉昭との
親交があった事から徳川慶喜も訪れたことがある由緒ある家柄で那珂市の文化遺産として大切に
保護されています。内外部とも当時の庄屋の暮らしぶりが偲ばれる味わい深い雰囲気が漂っていました


<<


下の小画像をクリックして下さい。ソースは「ブログの小技」からです                   
<
< < < < < < < < < <



曲がり屋を見学しお茶の接待まで受けた後、帰りがけに那珂湊の魚市場で買物をしました。





那珂湊魚市場は海無し県栃木の人にたいへん人気のあるところです。 をクリックです [広告] VPS

この動画は有料高画質登録前にアップしたもので画質は良くありません
関連記事
スポンサーサイト

More ?     2010/11/25   地域・歴史    

那珂市探訪 Ⅱ ・・・ 植物園のバラ

植物園には秋のバラが盛期を迎えていました

植物園には満開のコスモスの他に遅い秋を飾って100種近くのバラが咲き揃っていました
その中から好みのもの10種を選んでアップしましたが、他にも載せたいバラは数多くありました



<<
BGMソースはSakura先生からです



下の画像を連続クリックして下さい。ソースは北斗様からお借りしました
                       
<<



撮影した残りの3画像



関連記事

2010/11/19   地域・歴史    

地域の暦史探訪・・・茨城県那珂市 Ⅰ


             歴史民俗資料館、きのこ博士館、植物園のコスモスと盆栽展
毎年行われている地域の歴史探訪の会に参加しました。 この会は住居地の概ね100キロ圏内の各地をを訪ねることでその
地の歴史や文化に触れ、お互いのコミュニケーションを深めようというのが目的ですが、お堅いものではありません。
那珂市は茨城県の中心からやや北部に位置し 那珂川と久慈川に囲まれた肥沃な土地で温暖な気候に育まれて古代から文
化の発達した地域です。 中世には佐竹氏が台頭し額田城を築城してから武家の文化も栄えました。 江戸時代になると大河
を利用した舟運も発達、街道の整備も進んで、 これといった大きな戦いにも巻き込まれなかった当地は文化遺産も充実した
形で遺されているようです。 お隣のひたちなか市には栃木県の人達に人気が高い那珂湊魚市場があり、 今回も帰りがけに
立ち寄りましたが平日なのに買い物客でいっぱいでした。 年末などはお正月準備で動きが取れないほどの混雑を見せます。
記事は3回くらいに分けて載せます。植物園のバラや曲がり屋、那珂湊魚市場などは次回、次々回を予定しています。
              下のサムネイルにマウスオンして下さい。ソースはSakuraの勉強室からです

<資料館入り口>
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<<<<<<
関連記事

More ?     2010/11/15   地域・歴史    

羽鳥湖の紅葉

今年も昨年に続いて羽鳥湖にやってきました。紅葉は最盛期でしたがやはり夏の異常高温が長引いた影響で
いつもの年に比べれば真紅の紅葉は見られませんでしたが、それでも林の中には見事なカエデやナナカマド
の紅葉が見られ、羽鳥湖畔に沿って8kmもあるサイクリングロードから見る紅葉と湖面の対比が綺麗でした。


<<


湖のほとりから林の中へと歩を進めました
ソースはブログの小技管理人北斗様からお借りしました。画像クリックで20枚です

<<



                
関連記事

2010/11/10   風景    

塩釜温泉から日塩もみじラインへ



今年は夏の暑さが長引いていたのでカエデの紅葉が遅れていましたが、 ようやく日塩もみじ
ラインから見頃との便りが届きました。塩原温泉内では比較的紅葉の早い塩釜温泉のカエデを
見てからもみじラインに入りました。 最盛期を迎えていた白滝付近では 平日でもたいへんな賑
わいでした。訪れた人達からは茶色がかった雑木の斜面に点々と混在するカエデやウルシ等の
紅葉や黄葉に時折歓声があがっていました。帰りがけには塩原名物の高原大根を買いました


<<  
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<


                      
関連記事

2010/11/04   風景    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。