那須野の風に乗って

2010年09月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

初秋の上三依水生植物園


日光市上三依は塩原に近く自宅からは車で30分もかかりません。植物園に沿って流れる男鹿川は
渓流釣りの年券を持っているので度々訪れる場所ですが、この水生植物園は存在を知っていながら
来る機会がなく初めてやって来ました。9月になると急激に花の数も減り、その関係から入園料も安く
設定されていました。人影は疎らでちょっぴり寂しい佇まい。シーズンの終わりを名残惜しげに咲いて
いる可憐な花々を幾つか撮影して、陽射しは強いものの涼しい秋風の吹く園内をしばし散策しました


<<
                                   曲はメンデルスゾーン : 「7つの性格的小品集」より第1番(作品7-1)
              

下の画像を連続クリックして下さい
ソースは一部アレンジして北斗様からお借りしました。10枚です



<<
                                  ここには水生植物の他に乾生草原の植物や高原の花等も豊富にあります



その他の風景 (自動スライド3枚です)




                                    


東北の旅へ ・・・ 9月24日~
昨年の今頃訪れた岩手県唐桑半島の浜辺の岩場に咲いていたハマギクです。
東北旅行では必ず訪れる海ですが今年はもう少し北の方の懐かしい浄土が浜へ行く予定です




ブログは少しの間休みます。10月3日に戻りますので6日頃には旅先の記事の一部をアップできるかと思います 



関連記事
スポンサーサイト

2010/09/21   風景     117TB 0   117Com 6  

ふるさと文化の伝承・・・福島県天栄村



最初は丸山の清水を汲みに行ったことから天栄村に親しむようになりました。その後何度か通っているうちに
牛ヶ城址などの面白い発見もありました。ここが何故か心に残るのは現在住んでいる我が故郷の何十年も前の
面影が色濃く残っているからです。田圃や小川の流れる何気ない里山風景の中に失われた故郷の姿を見る思いです。
今回は村の施設である 「ふるさと文化伝承館」 を初めて訪れてみました。立派な館内は綺麗に配列された展示物が並び
数多くはありませんが珍しい展示物もあり、幼い頃に目にした農具や養蚕の道具などに遥かなる郷愁を呼び覚まされました。



<<
<
               Giulio Caccini の敬虔で優しい曲 (ピアノ編曲)
                      曲名は何でしょうか?日本の伝統文化とは無縁の名前です




下の小画像をクリックして下さい。ソースは「ブログの小技」からです





<













牛が城北側台地にある瀟洒な建物
<<<<<<<<<<




安養寺の一里塚跡
ふるさと文化伝承館でも紹介されている安養寺地区は伝承館から
北西へ旧白河街道を3キロ程行った処にあります。自動スライド4枚です




昔の白河街道は白河城下で奥州道から岐かれ図のように天栄村の牛ヶ城を通り安養寺を経て
会津若松城下へと続いていた。現在は安養寺の一里塚から先は道路も狭く、土地の人の話では
殆んど車の通行は皆無に近いくらいに寂れている。往時は東北の大名や旅人たちが頻繁に行き
交った道とはおよそ思えない閑散さです。栄枯盛衰の姿をこの旧白河街道に見出した思いです。
当ブログの 「牛ヶ城の戦い」 で使用した鳥瞰図を流用しました。県道282号線が旧白河街道です




白河街道の宿場
奥州街道→白河城下→飯土用宿→上小屋宿→牧の内宿→長沼宿→江花宿
→ 勢至堂宿→三代宿→福良宿→ 赤津宿→原宿→ 金堀宿→ 会津若松城下

                                  ※ ピンク色の太字は天栄村内の宿場





関連記事

2010/09/14   地域・歴史     116TB 0   116Com 4  

ケイトウやサルビアの絨毯・・・那須フラワーワールド



9月に入っても酷暑が続く中、那須フラワーワールドに立ち寄ってみました。
ケイトウやサルビアが丁度見ごろとあって、暑さにも拘らず園内は思ったよりも
訪れる人が多い。入り口では日傘の貸し出しなどもあったが園内の丘の頂上では
僅かに秋風も感じられ木陰に入ればかなり涼しく数時間を散策することができました


<<
            曲はフォークソングで「サルビアの花」                       


下の画像を連続クリックして下さい。ソースは北斗様からお借りしました。10 枚です


<<

丘の上から園内の連なりを見る

                                            BGM:「Adajio」





関連記事

2010/09/08       115TB 0   115Com 4  

大恐竜展・・・那須野が原博物館

各時代の恐竜復元骨格展示でマニアにも人気
現在もまだ開催中の大恐竜展 ― 陸・海・空の覇者集結 ― は夏休みの子供たちに限らず大人にも好評でした。総展示数135点の
中でも先ず注目されるのは白亜紀の肉食恐竜ティラノサウルスの全身復元骨格です。全長13m、全高4.5mは世界最大級の標本
です。 その他にもジュラ紀を代表するアロサウルスや角竜のトリケラトプス、 翼竜のランフォリンクスを初め恐竜の化石などで、当然
復元されたものですが各年代の代表的な肉食恐竜の骨格を展示し恐竜の進化の過程が理解できるように配慮したものになっていて
同時代に生きた恐竜以外の生物も紹介され当時の自然環境なども分かるように苦心しています。9月12日まで展開催



                                    右下の女性の大きさと見比べてみて下さい


<<
                                         曲は 「悠久の風」
                       






<

数多い展示の中の一部を掲載。 下の小画像をクリックして下さい。 ソースはブログの小技からです











<<<<<<<<<<





          


スライドショーで取り上げたアロサウルスの易しい説明がありました



説明 1


説明 2


説明 3


説明 4


説明 5



関連記事

2010/09/01   イベント     114TB 0   114Com 4  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。