那須野の風に乗って

2010年08月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

真夏の浜辺にて



真夏の海を訪れたのは何年ぶりになるでしょうか・・・
若い頃には家族や会社の同僚たちと湘南や伊豆の海へ毎年のように
出かけたものでしたが、子供たちが大きくなり自分の趣味も渓流や山の方向に
変化した頃から夏の海へは足を向けなくなりました。その他の季節では度々訪れています。
当日は自宅から近い茨城の鵜の島と伊師浜の両海岸を訪れ真夏の太陽と潮風を満喫しました


<<
<
ニーノ・ロータ作曲:「太陽がいっぱい」 (オリジナル編曲)
お知らせ:音楽提供サイトが閉鎖になり9月から音が出なくなっています
下のYouTubeでお聴き下さい




下の画像を連続クリックして下さい。鵜の島と伊師浜の画像が5枚ずつ表示されます
ソースはいつもながら北斗様からお借りしました


<<



朝のうちは雲が多かった鵜の島海岸 (風景画像のみ4枚)





アラン・ドロン主演、フランス・イタリア合作の懐かしい映画 「太陽がいっぱい」
かなり解像度は落ちますが拡大映像も結構見られます。お試し下さい


この映画の題名と音楽について
「太陽がいっぱい」 という題名に似合わない哀愁とサスペンスに満ちた旋律はこの映画の内容から
きている。 原題は「Plein Soleil」というもので直訳すると「燦燦と降りそそぐ太陽の下で」の意味でイタ
リア語では「Dellitto in Pieno Sole」で「白日の下での犯罪」という意味らしく、これからも分かるように
この映画は犯罪もので題名のイメージとは違う。「太陽がいっぱい」としたのは日本の映画配給元で
主人公が金持ちの友人の女と金を自分の物にするため悪辣な手段で友人を殺し完全犯罪が成功し
たと思い込み海辺のホテルのテラスでほっとして寛いでいる時、ウェイトレスと交わした言葉のやりと
りで言った 「太陽がいっぱいで最高の気分さ」 というセリフから採用したものであって、フランス語
の 「Plein Soleil」に相当するような適切な日本語訳が見つからなかった為ではないかと思われます。

◆ 見終わった後下のサムネイルの左から2番目「衝撃のラストシーン」で物語の顛末が分かります。
あまりにも残酷で見たくないシーンではありますが・・・・






上のスライドショーで記事に華を添えるため、二人の女性の水着姿を載せてありますが、700ミリの望遠で撮りましたので
二人共気付きませんでしたが、 一人は後向き、一人はサングラスなので プライバシーの侵害には抵触しないと思います




関連記事
スポンサーサイト

2010/08/22   風景     113TB 0   113Com 6  

朝のヒマワリ・・・日が昇る前の明治の森



明治の森黒磯に保存されている明治時代の外相青木周蔵の別邸前に広々とした畑があり
そこに毎年ヒマワリの種が蒔かれて、旧盆の前後には満開になります。昨年は蒔き直しなどで
開花が遅れましたが今年は順調に生育していたので、日中の猛暑を避け日が昇る前に訪れました





<<
<
             曲はヘンリー ・ マンシーニ作曲 : 「ひまわり」
             懐かしのイタリア映画 「ひまわり」 のテーマ曲







       日が昇る前のヒマワリを撮りました。部分的にピントが合っている画像がマクロ撮影です
<

          下のサムネイルをクリックして下さい。ソースは「ブログの小技」から借用しました











日が昇る前だったがヒマワリは太陽を待ってみんな東向き
<<<<<<<<<<



あまりの猛暑続きだったので、撮影には早朝を選びましたが
向日葵にはやはり日中の燦々と照りつける太陽が似合うのではないでしょうか





日が昇る前のヒマワリ畑を歩く
誰もいないひっそりとしたヒマワリ畑からは
何ともいえない不思議な雰囲気を感受しました



YouTubeの編集画面でこの曲を探すのには苦労しました。
設定してから音楽が流れるまで何故か30時間もかかりました





関連記事

2010/08/15       112TB 0   112Com 4  

孤独なる滝・・・県民の森 赤滝

栃木県「県民の森」は矢板市の北西部、高原山腹、標高410m~1248mのところにあり973haと広大な面積を有して
います。  4月のカタクリや5月のツツジ類など管理事務所周辺やキャンプ場、 県民の森最高峰のミツモチ山などで
咲き乱れます。  夏はキャンプの季節。ケビンや高床式固定テント、持込テントサイトが整備され自然派キャンパー
に人気のキャンプ場です。  秋は紅葉。事務所脇の宮川渓谷やミツモチ山などの広葉樹の森では黄色や赤に染ま
った見事な紅葉が楽しめます。
中腹の森の中には何本もの渓流が流れ、林道が網の目のように張り巡らされていて、地元の人間といってもいい私
でも内部深く立ち入るのが恐く、未だに周回道路と一部林道に車を乗り入れたに過ぎません。 その林道にしても舗
装と未舗装が交錯し車1台が通るのががやっとといった箇所もあり方向標識も殆んどありません。 昔のままの原生
林を利用した森林公園ですからやむを得ませんが、 奥山ではないので内部で迷っても道路を走行していればいつ
かは何処かのメイン道路には行き当たりますが、ナビも効かないので不安な心理状態に陥ることでしょう。
  そんな環境の中にあるのが赤滝で、矢板市では最大の滝で落差15m、幅8mの中川に懸かる滝です。 外郭線の
八方・塩原方面から「県民の森」外周道に入ってすぐ左手に赤滝入り口があり、2年前に林道が舗装されました。
そこから沢沿いに林道が走り赤滝を通って森の中の複雑な林道網に通じています。2キロ程で赤滝が左手にあるの
ですが、6月から11月頃までは沢を樹木が覆っていて道からは滝の姿は全く見えません。 又、滝の音が轟々とする
ほどの水量がないので、舗装になって走りやすくなった車ではさ~と通り過ぎてしまいます。その上 滝への降り口の
案内板がガードレールの2mくらいの切れ間の下にあるので車からは確認しにくくなっていました。 私が滝から戻って
来てから1時間くらいの間に何台もの車が通過して行きましたが滝入り口には見向きもしませんでした。
滝への下降路は整備が悪くお年寄りや、 少しでも足の不自由な方では滝が見える位置に立つのは難しいように思
われます。滝は下の岩盤が赤っぽいので赤滝と名付けられたようです。 観光案内でよく見る滝ですが 結構美しい
滝で滝上の明るさと滝壷下流の暗さとのコントラストの差で季節によっては高度の撮影技術が要求される滝と見まし
た。 人の訪れがおよそ少ないので、川原にはゴミなど全くなく清冽な渓川と滝のオゾンを満喫することができます。


<<
<



                       赤滝と渓川の様子
      下の画像を連続クリックして下さい。5枚です ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしました
<<>
<滝下流は鬱蒼とした樹木に覆われ、木漏れ日が射して明暗の度合いが大きく撮影は難しい>



関連記事

2010/08/11   風景     111TB 0   111Com 4  

ヒロガーデン夏の花々



8月1日、明治の森黒磯 (道の駅)のヒマワリを撮ろうと出かけましたが、まだ咲き始めたばかりでしたので
急遽予定を変更、近くの草花園ヒロガーデンで夏の花々を撮影しました。今回は簡素な記事仕立てにしました





<<
<
曲は バッハ : フランス組曲第5番より 「サラバンド」
「サラバンド」とは17~18世紀ヨーロッパで普及した
古典舞曲で バッハが付けた名称は「チェンバロンの
ための無伴奏組曲」というもので第5番はト長調です








                     ヒロガーデンの夏を彩る花々
<

         右下の鳥さんを連続クリックして下さい。ソースは「ブログの小技」からお借りしました


<<>>
<
<<



下の地図クリックでヒロガーデンの情報





                              



核を保有すること自体が人類に対する冒涜である

 




関連記事

2010/08/05       110TB 0   110Com 4  

野辺の植物たち・・・鳥野目河川 ・ 那珂川河畔両公園を歩く


                      山際や畦道・堤沿などの何気ない花や草木
那須塩原市の企画で先日行われた 夏の植物観察会 に参加してきました。講師は植物学者で市の動植物実態調査研究会会長の酒井芳男氏で、75歳になられるにもかかわらず、たいへん元気な方で未だに登山などもなされ植物の観察を続けておられます。
当日は猛暑の中、鳥野目河川公園から市の車で那珂川河畔公園まで移動、そこから最初の集合地鳥野目河川公園までの野辺の植物を観察し散策をしたのですが、酒井氏はずっと丁寧な説明で普段見過ごしている道端の草花や樹木について分かり易く教示してくださいました。熱中症にならないように水分補給に留意しながらの約3時間、3キロ余の行程を楽しく有意義に歩くことができました。鳥野目河川公園の整備された広大な環境も自然が残されていて印象的でした。

<<
<

                        講師の解説の一例






    夏休みの研究課題で参加した小学生が何人かいました。メモを取ったりデジカメで撮影したりと熱心
    に講師の説明に聴き入っていました。ここでは外来種が多くなっているとの説明です。 そのひとつマ
    メグンバイナズナ。枝振りが相撲の軍配に似ていることから付けられた名前だそうです。





                         下の画像を連続クリックして下さい
            北斗様のソースをお借りしましたが説明文は画像上で行いました。10 枚です



<<

<



                       スライドショーの表紙に関しての参考画像




                           大きな樹木たち
                大木は主に桜堤沿いに多かった。造園時に植えられたものと思う





       鳥野目河川公園に引かれた川辺にあるメタセコイアの林。大木になる。カナダに多いという。

                          珍しいメタセコイアの歴史
1939年に日本で常緑種のセコイアに似た、落葉種の植物遺体(化石の一種)が発見された。発見者の三木茂博士
により『メタセコイア』と命名され、1941年に学会へ発表された。
当初、「化石」 として発見されたために絶滅した種とされていたが、1945年に中国四川省磨刀渓村(現在は湖北省
利川市)の「水杉(スイサ)」が同種とされ、現存することが確認されたため「生きている化石」と呼ばれることも多い。
その後、1949年に国と皇室がそれぞれメタセコイアの挿し木と種子を譲り受け、全国各地に植えられたのだという。
                                                                   Google百科「Wikipedia」より
                         まだまだ面白い話もあり、こうした内容の楽しいひと時でした



関連記事

2010/08/01   イベント     109TB 0   109Com 5  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。