那須野の風に乗って

2009年11月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

光の幻想・・・那須ガーデンアウトレット



那須ガーデンアウトレットでは来年の3月14日までウインターイルミネーションと題して
スター ガーデンに約10万球のイルミネーションを飾り冬のショッピングに色を添えています
広大な規模なので壮観です。様々な位置や角度から撮ったものを並べてみました


<<
<ロマンチックなギター曲です  F.ソロの「月光」


右下の鳥さんを連続してクリックして下さい
メイン画像と副画像が交互に現れます。3番目まではアニメ 2 枚です








<




<<>>
<
<<


           アニメ以外のソースは「ブログの小技」よりアレンジしてお借りしました。副画像はGoogle からです


関連記事
スポンサーサイト

2009/11/28   未分類     62TB 0   62Com 8  

土佐楓ライトアップ&那須野が原公園・・・最後の紅葉



紅葉も終焉を迎え、冬の足音が近づいてきました。そんな中、地元紙の報道で
大田原市の御殿山公園の土佐楓が色ずき、夜にはライトアップされているというので
撮影を兼ねて訪れてみました。11月中旬過ぎなのにこの地域は比較的温暖で楓の紅葉は
最盛期でした。夕方から撮り始めた画像を載せました。併せて那須野が原公園の最後の紅葉も
アップして秋の記事の締めくくりとしました


<<
<



御殿山公園の土佐楓ライトアップ
御殿山の楓は200年以上も前に当時の佐久山藩の城主が植えたものだそうです
下の各小画像をクリックして下さい。ソースは「ブログの小技」よりアレンジしてお借りしました







<













説明文1
<<<<<<<<<<

<




最後の輝き 那須野が原公園の紅葉
2 枚ずつのアニメ 5 フレームと最後のフレームはアニメ 4 枚です(全14枚)
                                        10,000字オーバーになるのでスライドショーは使えませんでした















アニメ 4 枚





関連記事

2009/11/24   未分類     61TB 0   61Com 4  

白河歴史探訪 2 南湖公園&まほろんミュージアム


                南湖公園は1802年、名君として知られ寛政の改革にも尽力した白河藩主松平定信によって
                造園されたもので、 日本最古の公園だとされています。名前の由来は 居城小峰城の南方に
                位置することと李白の詩「南湖秋水夜無煙」 からとったといわれています。四季折々の景観は
                広大な規模にもかかわらず築園の妙と相まって素晴らしいことで有名です。

                「まほろん」は福島県の施設ですが 白河市が管理運営をしているテーマ館です。まほろんとは
                造語で、その意味は ”まほろば”(美しく良いところ)と"ロマン”(憧れをかなえる)とをくっつけた
                ものです。どなたが考えたか知りませんが味な名前を付けたものですね。ここには県内で出土
                した土器や石器、色々な道具等を多数展示して縄文時代や奈良時代の住居のレプリカも造り
                古代人の生活を体験できるようになっています。温度管理の行き届いた発掘品貯蔵庫は見事
                な設備でした。こうした文化遺産の保護に力を入れている姿には頭が下がりました。

<<
<

                                  南 湖 公 園

                                                            マウスオン後クリックして下さい
                    

<<南湖公園 1




                                まほろんの野外レプリカ
                画像上マウスオン、クリック、ダブルクリック、マウスアウトで 7 枚。 最初の画像のみアニメ 3 枚
                             アニメ以外のソースは「ブログの小技」からお借りしました
<

<



まほろん館内の様子一部 ?

          
館内の様子一部 ?






幻の白河決戦 革籠原防塁跡

まほろんの近くです。戦国時代の末期 上杉征伐に東上した家康軍7万を迎え撃つべく直江兼続の策で
小峰城前面の革籠原に10数キロにわたる防塁を築き、12万の大群を周囲に展開させて家康軍をこの
防塁に誘い込み殲滅しようとしていたが、丁度大阪において 石田三成の豊臣方が挙兵した事から家康
が撤退したために 幻の戦いとなった。軍勢の数においては優位だったが、もし戦っていたなら上杉家は
一体どうなっていたか? 想像をめぐらすのも又、歴史ロマンなのかもしれません。尚、この防塁跡は中世
の「鍛冶屋敷」の館跡ではないかとの説もあって確たる史実はないようだが、作戦自体は存在しました。







関連記事

2009/11/17   未分類     60TB 0   60Com 8  

白河歴史探訪 1 白河の関と小峰城



年に一度の地域の歴史探訪の旅に参加しました。今年は白河市です。白河の関は奈良時代からの
古い歴史があり、平安時代には能因法師の歌にも詠まれており、東山道の要衡の関門として非常に
有名な場所です。 小峰城は徳川吉宗の孫に当たり、寛政の改革に力を発揮した松平定信の当時の
居城でした。その後戊辰戦争で自ずから城を焼き払うまでの波乱に富んだ歴史を見つめてきた名城
です。平成6年迄の何箇所かの復元で一部は当時と変わったが三重櫓等忠実に復元されています。



<<


白 河 の 関
下のサムネイルにマウスオンして下さい。 ソースは「Sakuraの勉強室」からお借りしています
<>
<白河の関跡。福島の勿来、山形の念珠とともに奥州3古関のひとつ。白い帽子の人は案内のボランティア>
<<<<<<>



小 峰 城                       
室町時代結城親朝が小峰ヶ岡に城を構え、江戸時代になって初代丹羽長重が城閣を整える。戦国時代末期には
上杉景勝の支配下に入り、天地人で有名になった直江兼続が家康の上杉討伐を阻止すべく12万の大軍を配置し
白河口で家康軍7万と決戦を準備していたが、石田三成の挙兵で家康軍が引き上げたために幻の戦いとなった。
その後松平定信が藩主となって白河も発展し、幕末になってからの戊辰戦争で落城するまで21代の城主を迎えた

                                                                      右の小画像にマウスオンして下さい

<
<

<
マウス操作が 楽な右小画像
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<


 
関連記事

2009/11/12   未分類     59TB 0   59Com 8  

羽鳥湖高原の秋



羽鳥湖は福島県の天栄村にあります。テニス、ゴルフ、スキーと年間を通して楽しめる
スポーツリゾート地として知る人ぞ知るの自然郷です。秋には周辺の林の中が紅や黄に染まり
雄大な景観とは又、違った趣があり日光や塩原のような混雑もなく静かな散策を味わうことできます

<<
<
              曲は シューマン : 「トロイメライ」



下の小画像にマウスオンで動く副画像が、クリックでメイン画像が現れます






<













説明文1
<<<<<<<<<<

                                                         ソースは 「ブログの小技」 よりお借りしました




羽鳥湖高原 レジーナの森への入り口






関連記事

2009/11/06   風景     58TB 0   58Com 6  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。