那須野の風に乗って

2009年01月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

260 の島々を縫って・・・松島湾冬の遊覧


冬の松島と仙台のアウトレット ショッピングセンターへの買い物ツアーに参加しました
松島湾には260もの大小様々な島が点在しています。何度も訪れているのに 島巡りの
経験はなかったので今回は遊覧船で回ることにしました。先ず、仁王岩などの奇岩怪石の島
からピックアップしました。そのあと、島名が多すぎて全んど分かりませんので 撮影した島々を
名前なしで次々にアニメで載せてゆきます。1月24日、松島には全く雪の姿はありませんでした
下の小画像にマウスオンして下さい











<<<<<




260もの島があるそうですから、遊覧コースによって見られるものが違ってきます
松島は日本三景のひとつ。あまりにも有名で絵葉書も発達しています。誰が撮っても
遊覧船上からの撮影では絵葉書の域を出ませんが、あえてお付き合い下さい
ここではBコースで撮った一部を載せてみました。8枚です





航跡 と カモメ と 母と娘 と (絵葉書にはない写真を心がけました)
画像上マウスオン→クリック→ダブルクリック→マウスアウトの順でお願いします。画像6枚
★ 画像が重いので NET環境によっては立ち上がりが遅いかもしれません

<

<


揺れ動く船上での撮影でしたので、手振れ防止内蔵のレンズを使用しました
最初と最後のソースはnon_non様からお借りしました




関連記事
スポンサーサイト

2009/01/30   未分類     6TB 0   6Com 6  

モノトーンの世界 切り絵展・・・・・那須野が原公園展示室


冬枯れの那須野が原公園は展示室が大活躍です
県内の切り絵の趣味を持つ方々の展示発表会がありました


趣味の会の作品のいくつかです。背景は悪戦苦闘で塗りつぶしました
<
<
画像上にマウスオンしますと動きが停まり画像が安定しますのでお試 し下さい


「雪国の民家」 のような切り絵もあります
ガラスの額縁に入った切り絵は展示室の照明や窓からの光に物が映っていて
バックを塗りつぶさないと絵になりませんでした。
アニメ画像3枚です




素材はこのような鉢植えからも



背景のボードの穴の点々は面倒で塗りつぶせません


上掲の各植物の名は判然としないものが多いので記しませんでしたがお分かりの方も多いと思います



当日夕方近くの公園展望塔
春の公園を彩るために植えられたパンジーが寒空の下で健気に育っています





関連記事

2009/01/25   未分類     5TB 0   5Com 4  

拾 っ た宝 く じ ( 200字ショートショート 24 )







大切なものは建物の中に入ってから確認しよう。外は何が起こるかわからない



3日間で150近い方々にお訪ねいただきました。拙い短編をお読み下さってありがとうございます。

 
関連記事

2009/01/20   Novels     4TB 0   4Com 6  

コチョウラン! 大田原洋ラン展



洋ランの中でもコチョウランは好きなので先日の午後会場を訪れました
non_non 様の開閉するソースは比較的文字数も少なく使い易いので前掲の
「袋田の滝ライトアップ」に引き続き使わせていただきました。いつも有難うございます

下の小画像にマウスオン後クリックして下さい。画像が開閉します







<








大田原市の東武デパートの一角で行われました
<<<<<





コチョウラン以外の蘭も即売価格等を一部記して載せました

  






以下の画像は栽培者こだわりの2種
?



?



                                   

関連記事

2009/01/14   未分類     3TB 0   3Com 6  

袋田の滝ライトアップ



1月4日年末年始のみ行われた滝のライトアップを撮りに出かけました
これは従来の観瀑台からのものです。新しく造られた観瀑台からの画像は下に載せました
画像上マウスオン & マウスアウトで2枚です。繰り返しますとトランジションが変化します


<
                                                                              28ミリ広角レンズ・三脚使用



昨年完成した新観瀑台から見た滝と吊橋のライトアップです
午後5時からのライトアップを目的に訪れましたが、思ったより冷え込みが厳しく
身体のほうは厚着でカバーできましたが手先が悴んでシャッターを押す感覚も麻痺しそうでした

下の小画像にマウスオンしてからクリックして下さい。画像が開閉します






<








吊橋を渡った滝見台右横から滝を望む
<<<<<




新観瀑台から見た滝の最上部と右側落瀑のクローズアップ
氷結画像のみ私の撮影ではありません
滝の水が布状になって見えるのは夜間撮影でシャッタースピードを
遅く設定し三脚使用で撮っているため。手持での手振れ補正は効果なし




滝は 一部分が凍結していましたが、全面凍結はその年の気候よって
左右されます。2月は凍結のチャンスが訪れる可能性が大きくなります





関連記事

2009/01/09   未分類     2TB 0   2Com 4  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。