那須野の風に乗って

テーマ [アウトドア ] の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

渓流の女王ヤマメ



日光の渓流釣り
ヤマメは山女、山女魚とも表記されます。何故女の字が当てられたかは不明ですが体側面の
楕円状の美しい模様からかもしれません。渓流の中流域から上流のイワナとの混生域にまで
棲息し下流では滅多に見られませんが、時には大物が釣れたりします。今回鬼怒川で釣った
30㎝弱のヤマメは野生化したもので、数が釣れた放流ものと比べ引きが強烈でした


渓流表題


鬼怒川本流 花の宿松屋前



鬼怒川支流男鹿川 不動の滝



男鹿川支流芹沢上流の滝




この日に釣れた鬼怒川本流の大ヤマメと芹沢での釣果

このヤマメは尺(30㎝)に僅かに及ばなかった大物で
このサイズになると体側面の楕円状のマークが消える。
画像マウスオン・アウトで2枚です




この日の2日後芹沢で釣った野生化したイワナ (内臓摘出済み)
真ん中の大型イワナに顕著な腹部の黄色が野生化して渓流に居付いた証です



同じサケ科のヤマメとイワナの比較



ヤマメもイワナも元はサケと同じように海で成長し河川に遡上して産卵していました。しかし、古代の地殻の変動で
陸地が隆起した事で陸の渓流に閉じ込められたのがイワナです。ヤマメは中流域に遡上していたので完全に陸地
に閉じこめられず、現代になっても渓流から海に降りて成長し戻るという過程を繰り返しています。 それを降海型と
言っています。 その代表が岐阜の吉田川などに見られるサツキマスです。 イワナも東北の海岸等では見られます



スポンサーサイト

2012/06/23   アウトドア     263TB 0   263Com 12  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。