那須野の風に乗って

テーマ [未分類 ] の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

ブログ移行のお知らせ

ブログ移行案内」


下のブログ名をクリックしてください
那須野の旅人

なお、このブログも半年くらい残しておきます

スポンサーサイト

2012/11/10   未分類     291TB 1   291Com 0  

最果ての景勝地 仏ヶ浦 (東北の旅6)



今回の下北半島へのツアーは一日目は我が国最大級の縄文遺跡見学後、夜は下北半島のむつグランド
ホテルに宿泊し二日目は恐山秋詣りと仏ヶ浦観光でした。下北半島のホテルまでは行けども行けども陸奥
湾沿いの道が続く。日本は狭いというけれど、 とんでもないと思い知らされる距離であった。青森市内から
バスで3時間もかかりました。地図で見るのとは大違いです。先頃の岩手の旅で宿から早起きしての日帰り
を考えていましたが中止して正解のようでした。出かけても到底その日には戻れなかったでしょう。

仏ヶ浦の記事を早く載せたかったのと、季節感もある事なので行程の逆から記事にしてゆくことにしました。
海が荒れれば欠航もある仏ヶ浦への遊覧は風も穏やかで空には雲一つない絶好のコンディションでした



山道からの仏ヶ浦の遠景は少し靄がかかっていて
海の色にも鮮やかな青さは見られない

<<

上の写真を撮った道路の下方の海岸には牛滝という港があるそうで
そこからは仏ヶ浦まで15分とのこと。観光船は小型一隻しかないらしい



海路から仏ヶ浦を見る
下の画像上をクリックしてください (12枚入っています)

<<>
<出発後30分もするとようやく仏ヶ浦らしい景観が展開する>




仏ヶ浦に上陸して
佐井港から貸し切り観光船に乗ってから約45分で仏ヶ浦の船着き場に到着しました。
見学はは何故か短く、どの船も30分なのだそうです。貴重な資源保護のためでしょうか
下の小画像にマウスオンです
<
<
ボクたちツアー客のため船は貸切だった
< < < < < < < < < <



上陸後すぐに撮った動画は歩きながらの撮影で足許に段差があってブレもありますが
仏ヶ浦上陸地点の全体像が大体わかるのではないかと思います





2012/10/21   未分類     286TB 0   286Com 6  

北上川のイギリス海岸 (東北の旅 5)



逗留の大沢温泉から花巻駅方向へ車で30分も行くと北上川のイギリス海岸があります。
何故イギリス海岸が北上川に? と不思議でしょうが
宮沢賢治がイギリスドーバー海峡の泥岩層の写真を見てここがよく似ているので、その連想から
名付けたものです。花巻農業高等学校の教師だった頃、生徒を伴って度々やって来ては泥岩層
の調査や北上川の風景を楽しんでいました。 泥岩層についてはスライドショーの頭に述べます



BGMは 「北上夜曲」
<<<


北上川イギリス海岸の泥岩層
泥岩層は北上川イギリス海岸が渇水期になると永い間の浸食作用によってできた細長い溝状と
壺穴状の泥岩層の背の部分が姿を見せます。ここで賢治は生徒達とバタグルミの化石や第三紀
偶蹄類の足跡を発見しています。 その後の調査でも第三紀層の色々な化石が見つかっています
何万年も前の頃は北上川のこの辺は海だったという事で、泥岩層はその証だそうです

夏の夜、時々独りでここにやって来た賢治は天の川や夜空の変化する姿を永い時間眺めては
宇宙に哲学を見出し、そして賢治の代表的な童話「銀河鉄道の夜」の着想を得たのでした


下の小画像にマウスオンです




北上川イギリス海岸の景観です
下の小画像をクリックすると別窓が開き拡大画像が出ます。
窓はプラウザの×で閉じて下さい


 < < < <




泥岩層内に立って北上川の流れを短い動画にしました。大体の様子が分かります



上の動画でYouTubeにアップした作品の丁度100本目となります


2012/10/17   未分類     285TB 0   285Com 10  

高島城、諏訪大社から蓼科へ



高島城の知名度はどの程度か不明だがツアーの2日目は高島城を見学、その後、あまりにも有名な
諏訪大社で自由散策を楽しんでから中央道諏訪インターを出てビーナスラインで蓼科湖へ向かった。
ちょっぴり高めのツアー料金だけにサービスは良く、蓼科湖近くの有名店での信州そばの夕食付きだ



諏訪高島城
かっては諏訪湖に突き出た水城だったらしい。江戸時代の初期になり諏訪湖の干拓が行われると
水城(浮城)の面影はなくなり、その後無理な労役を課して石垣なども構築したが地盤が悪く地元民は
相当苦しんだらしい。詳しくは分からないが明治維新後に城は解体された後曲折を経て本丸や天守も
復元され、現在は高島公園として市民の憩いの場になっている。桜の名所でもある。
福島の人たちには普段大きな鶴ヶ城を見ているので、高島城の規模は可愛らしくさえ見えたようだ


諏訪高島城


あまり写真は撮りませんでしたが内部は資料館になていましたので少しばかり載せてみます
天守閣から見た風景 (画像マウスオンで2枚)




資料の一部 (画像マウスオンで2枚)


高島城は小柳ルミ子の「わたしの城下町」のモデルになったと言われています
朝日新聞 (某年5月19日付)の紙面、「うたの旅人」欄に、『記憶に刻んだ湖畔の城小柳ルミ子 「わたしの城下町」』
との表題で、諏訪市の高島城が紹介されました。「わたしの城下町」を作曲した平尾昌晃さん(当時31歳)は、1968年
12月から1年間、結核療養のため岡谷市の病院に入院されていたそうです。1969年の春から外出を許され、上諏訪で
温泉につかって、 食事をした後、何度か高島城に立ち寄ていたそうです。この曲は小柳ルミ子さんのデビュー曲として
大ヒットとなりました。 平尾さんは、「モデルはあの町?」の問いかけに「モデルはない」と言いながらも今、 こう語って
います。「このメロディーが出てきたとき、思い浮かべていたのは、入院中、身近な存在だった高島城でした」と。


諏訪大社
上社本宮参道入口大鳥居

上社本宮参道入口大鳥居

諏訪大社は「御柱祭り」での勇壮な木落しであまりにも有名なのでここで記事にしても影が薄くなるだけですが
かと言って詳しく述べる知識もないので、元気な案内の方の説明の際に撮った画像を幾つか載せてみました。


上社本宮の一之御柱

御柱

諏訪大社は上社 (前宮・本宮)と下社 (春宮・秋宮)とに分かれていて合わせて一社となる。 木落しが
終わり御柱屋敷に安置されていた16本の御柱は祭りの当日そこから曳かれてきて各宮の東西南北に
建られる。本宮までは2.5kmもあり御柱の接地面は平になってしまっている。(上の写真)


諏訪大社上社本宮にて (下の画像クリックで 3 枚です)

<<



木落しの神事 (人気があるが死者も出る危険な行事)
御柱祭りの起源は古く、平安時代前とも言われていますが、奇祭木落しの行事も
寅と申の年(7年毎)に行われるが何のために行うのか詳しくは解らないそうです。
ボクは未だ御柱祭りは見たことがないので、保有画像も動画も全くありませんから
YouTubeの動画をお借りしてその危険極まりない様子を載せてみました (下社)



動画中程の御柱が横転する映像があるが、その時は死者が出たらしい。過去10人前後が死亡している



蓼科湖へ
諏訪 ICからビーナスラインで蓼科湖は意外と近い。 ツアーの最後は蓼科湖散策のあと元来た方へ少し戻り
そば処みつ蔵での信州そばの夕食である。蓼科湖はあまり好きではないので、あとの夕食が待ち遠しかった


湖畔のレジャーランドから見た蓼科湖

湖畔のレジャーランドから


湖畔の路傍に咲いていたオオハンゴウソウ

野辺の花 オオハンゴウソウ


信州そばが美味しかったそば処みつ蔵

そば処みつ蔵


ツアー初日, 途中で食べた懐かしい峠の釜めし

峠の釜めし御膳



2012/09/16   未分類     278TB 0   278Com 8  

沼ッ原湿原を歩く



毎年恒例の市の沼ッ原植物観察会
市の恒例の催しで3度目の参加でした。毎年天候の違いから湿原の様子が異なり新しい発見があります。
総勢30名の参加者で三つの班に分かれて行動するのはいつもの通りで、班ごとに講師が一人付きます。
ボクは2班でしたが担当の講師は性でした。 臨時参加の環境ボランティアの方がサポートしていたので
いつもの年より説明にも念が入り進行が遅くなったので、沼を一周する時間が無くなってしまう程でした。
今年は準寒冷地のここでも花の開花が2週間程度遅れていてニッコウキスゲ等はまだ2分咲きくらいでした



<<<


下の画像上を連続クリックしてください。12枚です

<<>
<沼ッ原遠望 電源開発(株)の調整池から。雲を被った山は会津との境の三倉山と会津側の大倉山>


同じニッコウキスゲでも個体によって違いがあります。沼ッ原でもそうでした
下の画像クリックで3種の例が表示されます

<<




天皇家と那須 ( 沼ッ原や那須岳など )
大正15年に那須御用邸が建てられてから那須と皇室とは深い絆で結ばれたのでした。植物学者であった
昭和天皇は春と夏、そして初秋には必ずと言ってよいほど那須を訪れ、沼ッ原に行かれては植物の研究に
励まれていたのでした。那須は南北の接点で植物の種類が非常に多く学術的関心も高かったのでしょう。
沼ッ原ではトイレや休憩の関係から電源開発(株)の施設を借用していたようです。その際に通られた道を
市の観察会に限り特別に解放してくれます。上のアヤメの画像はその道端での撮影です。

登山が好きな皇太子ご夫妻も那須を愛し度々御用邸に滞在されて茶臼岳などの登山を楽しまれています。
おかげ様で那須岳の登山道が以前より綺麗に整備され登り易くなったと喜ぶ人たちも多く見受けられます。
近隣の農家を訪問されて地元民との親睦を深められているのも昭和天皇の頃から続けられている伝統です

下の画像は昭和天皇も歩かれた調整池畔からの眺めです。
普段一般人は立ち入りが禁止なので調整池反対側の草むらは野草の宝庫です






2012/07/07   未分類     266TB 0   266Com 10  

野菜の花・・・我が家の菜園で

.


我が家の菜園はかなり広い規模なので纏めるのも容易ではなく乱雑に耕作していますが
農薬や除草剤等は一切使用していません。いわゆる有機栽培ですが物によっては形は
あまり良くありません。しかし、味に変わりがあるわけでもなく、花も綺麗に咲きました


<<<


アジサイが遅れて咲き
そして
菜園では野菜の花が元気な姿を見せています



下の小画像にマウスオンです



2012/07/03   未分類     265TB 0   265Com 6  

日光の青いケシ・・・上三依水生植物園の花々



ここは市町村合併前は鬼怒川と同じ藤原町であった。栃木県でも日光に次ぐ寒冷地で春の訪れも遅い。
しかし、ひと度花が咲くと澄んだ美しい姿を見せる。昨年天候不順でv咲かなかったヒマラヤの青いケシも
今頃になって開花し、待ち受けた人々で平日も賑わった。ブログ等ではすでに六甲の青イケシも紹介されて
綺麗な写真も味わい済みですが関東北部に咲くヒマラヤの青いケシも他の花と一緒にご覧ください



水生植物園入口



BGM 画像クリック
<<<



ヒマラヤの青いケシ (画像クリックで3枚です)

<<


他のコーナーで

他コーナーで



 園内に咲く花の一部
下方のサムネイルにマウスオンしてください (アニメ2枚多用)
<
<
トケイソウ
< < < < < < < < < <



園内の様子の3コマ

園内の様子





イングリッシュローズやフレンチローズ、H.ガーデン初夏の花々など
下の goo ブログに掲載してあります。お暇を見てどうぞ
那須野だより



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



6月17日 父の日のプレゼントありがとう

父の日のプレゼント


2012/06/17   未分類     261TB 0   261Com 10  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。